So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘッドホンにはまったきっかけ その1 [ヘッドホン]

今年の夏に、4年間使っていたマイクつきヘッドホンが壊れてしまい
PCの音楽を聴くために、近くの量販電気店にヘッドホンを買いにいきました。

それまでは、マイク付で1200円程度のヘッドホンを使っていたので
電気店のヘッドホン売り場を見ても、どれが良いヘッドホンでどれが良くないヘッドホンか
かいもく見当がつきません。

とりあえず、でかくて立派にみえてしかも2000円で買えるパナソニックのRP-HT260という
オーバーヘッド型密閉式ヘッドホンを買いました。

当時(・・・といってもほんの4ヶ月前)は、値段が高いだけあって立派なヘッドホンだなと思ってました。
なんたって、マイクも付いてないのに
今まで使っていたマイクつきヘッドホンの2倍近い値段だったし!

これが、ヘッドホンの泥沼に足を踏み入れた第一歩でした。

早速、PCのヘッドホン端子に直挿しして音楽を聞いてみました。
でかくて立派で高いヘッドホンはやっぱりちょっと違うなー!とか思いながら
しばらく聞いていたんですが
そのうち、耳が痛くなってきました。

俺の耳の形とRP-HT260は相性が悪いみたいで
どんなに位置をずらしても、一部耳に当たってしまい
30分程度つけていると、耳が痛くなってしまいます。

そのうち慣れるかと思い、3日ほど我慢して使ってましたが
耳は痛くなるばかりで、とうとう我慢できなくなりました。

そして翌週には、また電気店(ヤマダ)のヘッドホン売り場にいました・・・。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。