So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘッドホンにはまったきっかけ その2 [ヘッドホン]

RP-HT260の装着感があわず
泣く泣く、電気店(ヤマダ)に新しいヘッドホンを買いにいったのですが
それまで問題なく使えていた、マイクつきヘッドホンのような耳のせ型に戻せばいいものを
なぜか、またオーバーヘッド密閉型を物色していました。

いや、なんか密閉型の方が大きくて立派で音が良さそうな感じがして・・・。

で、今度はソニーのMDR-XD100という機種を
パナソニックのRP-HT260と同じ値段の1980円で買いました。

家に帰って早速使ってみると、MDR-XD100は耳にあたることもなく
長時間つけていても、あまり耳が痛くなりません。

当時(四ヶ月前)は、音もかなり良いと思ってました。
やっぱ、でかくて高いヘッドホンは音が違うなぁ!とけっこう満足して
PCに保存してあるMP3の音楽とかCD(昭和の音楽中心)とかを聞いてました。

で、2ヶ月ぐらいこのヘッドホンを使っていたのですが
これより、良い音がするヘッドホンもあるんだよなぁ、どんな音なのかなぁと興味がわいてきました。

ヤマダで見たときに、サラウンドも付いてないのに7000円近くしたヘッドホンもあったし
あんなので音楽聴いたら、きっと素晴らしい音が出るんだろうなとか
いろいろと想像していました。

ちなみに、その素晴らしい音が出そうな7000円ぐらいする超高級ヘッドホンは
オーディオテクニカのATH-AD400です。

つい2ヶ月前は、7000円はヘッドホンにかける値段だとは思ってませんでした。
ほんの一握りのオーディオマニアの人が買う、超高級機種だと信じて疑いませんでした。
もしかしたら、今の自分の感覚が麻痺していて
一般的には7000円のヘッドホンは超高級品って感じかもしれないけど、どうなんでしょう?

そんなこんなで、さらに良い音で音楽を聴きたくなり
ネットでヘッドホンを調べてみると
ビクターのHP-RX500というヘッドホンがわりと評価がいいようです。

しかし、ヘッドホンばっかたくさんあってもしょうがないよなぁ
という心の葛藤もあり、悩んだ末
やっぱ、3000円ぐらいの金額で悩むのもばかばかしいと思い
こんどは、ケーズ電機のヘッドホン売り場へと向かいました!

ケーズはヤマダと違い、ヘッドホンに力を入れているようで
驚いたことに、サラウンド機能が付いてないのに1万円以上する機種まで売ってました。
(当時は、1万以上のヘッドホンは、ほとんどがサラウンド機能が付いていると思ってました・・・)

しかも、試聴機もおいてあります。・・・音は出てなかったけど。

うちの方は田舎なので、市内にある電気店はケーズ、ヤマダ、コジマのみ。
しかも、オーバーヘッド耳覆い方の試聴機があるのはケーズだけというありさまです。

ちなみに試聴機は、オーディオテクニカの
ATH-AD300、ATH-AD500、ATH-AD700とATH-A500(A700だったかも)の4機種。

試聴機は、一番安いAD300でも5000円という値札がついていて
なんだか、すごい所に来ちゃったなぁってのが率直な感想でした。

せっかくなので、試聴機では一番安いけど
自分の価値観では、めちゃくちゃ高いATH-AD300を装着してみました。
音が出てないので、どういった音が出るのかはわかりませんでしたが
装着間は、ふんわりとしていて気持ちいいものでした。

やっぱ、高級機種は違うなぁ、俺には関係ないけどなどと思いながら
目当てのビクターHP-RX500を、ちょっと値引きしてもらって2500円で買って帰りました。

家でPCのヘッドホン端子に直挿しして、音楽を聴いたんですが
最初に聞いた瞬間に、もうこれで充分!って思えるような音質でした。

中域に独特の艶があって、いつも聞いてる小泉今日子がさらに色っぽく聞こえます。
チューリップの虹とスニーカーの頃を聴いても色っぽく聞こえます!
MDR-XD100と比べると、音の奥行きもあり
最初からHP-RX500を買っておけばよかったと思わせる説得力のある音です。

この2ヶ月で、RP-HT260(1980円)、MDR-XD100(1980円)、HP-RX500(2500円)と
ヘッドホンを買いまくってしまいましたが
やっとHP-RX500で俺のヘッドホンの旅も終点に来たと思いました。

でも、実は旅はまだまだ終わらないと30分後に気づかされます。

耳が痛い・・・。

音がどうこうの前に、すぐに耳が痛くなってヘッドホンをずっと付けていられません。
俺の耳の形が普通じゃない?

耳が痛くなるので、仕方なくMDR-XD100で音楽を聴きます。
でもHP-RX500と比べると、音に広がりがなく平面的に聞こえるし艶もないしで、またHP-RX500に戻します。
そうすると、すぐに耳がいたくなって・・・

そんなときに、頭をよぎるのは
ケーズ電機の視聴機コーナーにおいてあったATH-AD300です。
あれは、ふんわりとした付け心地で気持ち良かったし
値段も高いから音もいいんだろうし、ほしいな。
などと考え悶々とした日々を過ごしてました。

まあ、金銭的には問題ないんですが
問題は、短期間に大量にヘッドホンを買って妻からクレームが来ないかという事です。

一週間ほど悩み、万全のクレーム対策も思いついたので
やっぱATH-AD300を買うことにしました。

ちなみにクレーム対策は
「耳が痛くてこのヘッドホンは着けてられないや」とか
「新しいヘッドホン買うか」
というような独り言を、妻に聞こえる声でささやく事です。
それを7日間続けました!

で、一週間後またケーズ電機のヘッドホン売り場に立ってました。
これが、たしか11月の初め頃だったので、今から一ヵ月半ぐらい前です。

この時は、今現在の状況など想像もしてませんでした・・・。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

くろま

昔のブログにコメントして申し訳ない。
私も耳が痛くて探していると、、このブログですよb

参考になるぜ(◎з◎)Ψ~
by くろま (2009-06-19 02:49) 

龍門

くろまさん、はじめまして。

>私も耳が痛くて探していると、、このブログですよb
耳が痛くなると、ヘッドホンつけてられませんからねぇ。
つけ心地は大切だと思います!
by 龍門 (2009-06-19 16:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。