So-net無料ブログ作成
検索選択

audio-technica ATH-AD300 レビューというか感想 [ATH-AD300]

ATH-AD300はオーディオテクニカの開放型ヘッドホンで
AIRシリーズの入門用という位置づけになります。

この機種の魅力のひとつは着け心地にあると思います。

上位AIRシリーズゆずりのふんわりと耳を包む感じのイヤーパッドと
オーテク独自のウィングサポートの効果で
かなり着け心地のよいヘッドホンに仕上がってます。

ただ、イヤーパッドの深さが浅いので
人によっては、耳が痛くなることもあるかと。
俺は、長時間つけていると耳が痛くなってしまいます・・・。
音は、値段を考慮すると悪くないと思います。

ATH-AD300を使った感想は
着け心地は良いけど、パッドの深さがたりないので耳があたる。
低音は一定の音域が強調された感じ。
高音は多少シャリつく。
開放型らしく抜けが良い音。
ちょっとぼやけた感じがする。
ヴォーカルの色気はある。
ってとこです。

まず、着け心地なのですが
イヤーパッドの深さ不足が気にならない人なら抜群にいいと思います。
これって、耳の軟骨の硬さに個人差があり
それが影響するんですかね?
俺の場合は、耳の一番出っ張っている所があたる(つぶれる)ヘッドホンだと
確実に耳が痛くなります。

低音は、一部BASSをかけたように強調される音域があります。
これ、受け付けない人もいるかと思いますが
個人的には、音源によっては低音がズンズン響き
メリハリも出るので好きだったりします。
高音は多少シャリつきが気になります。
あと、原音に忠実ってわけではありませんが
ヴォーカルの艶はそれなりにあります。

音のこもり感は、あまり感じません。
開放型らしく、抜けの良い音です。
ただ、解像度が価格なりなのでぼやけた感じはします。
解像度の高いアンプで聴くと、ぼやけは多少解消されるので
うちでは、Prodino CORE-A55につないで聴くことが多いです。

AD300はリスニング用に調整されているので音楽も気持ちよくきけますし
普通に使う分には、まったく不満のない出来だと思います。

見た目の質感も高いです。
ATH-A900やMDR-F1と比べても遜色ありません。

ビクターのHP-RX500を買ったときも感じたのですが
3000~5000円クラスのヘッドホンってコストパフォーマンスが高いと思います。


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。