So-net無料ブログ作成
検索選択

CARAT-PERIDOT レビューというか感想(その2) [CARAT-PERIDOT]

やっとCARAT-PERIDOTの推奨エージング時間である
50時間(通電込み)の慣らしが終わったので
この辺で、レビューというか感想でも書いてみます。
(感想は基本的にAKG K701を使った場合の物です)

俺が買ったのは、韓国仕様の直輸入なので
付属のアダプターでは規格があわず、バスパワーで使ってますが
それでも、音量は充分に取れます。
うちで一番音量が取りづらいK701でも、ヴォリュームは2~3メモリで充分です。

PERIDOTで一番印象的だったのは
非常に立体感のある音を鳴らしてくれるという事です。

CARAT-UD1でも、奥行きのある音を聴かせてくれたのですが
PERIDOTになると、さらに音がクリアになり
表現が難しいのですが、見通しのいい空間って感じになります。

入門機のUD1と(日本では)最上位機種のPERIDOTしか聴いてませんが
CARATシリーズは空間の表現能力に優れたアンプと言っていいと思います。

PERIDOTの音の傾向としては
パワフルで輪郭のはっきりした明るい音を出します。
まさに、色彩感豊かという表現がピッタリくるような音ですね。
けっこう、インパクトあるよー。

Styleaudioは、ヘッドホンアンプの入門用としてCARAT-UD1を用意してると思うのですが
個人的には、最初に買うヘッドホンアンプとしてもUD1よりPERIDOTを勧めたいです。

とにかくリスニング用に、わかりやすいチューニングされているので
俺が最初にヘッドホンアンプを買った時に感じた
ヘッドホンアンプを買ってみたけど、大して音が変わらない
というような不満も少ないと思います。

CARAT-UD1との比較なら、聴いた瞬間に音の違いを感じられると思います。
音圧というか、音の勢いが違う!
しかも、クリアで音の輪郭もはっきりしているので
ATH-A900を買ったときに感じた
「音の洪水だー!」というような感覚をPERIDOTでも感じました。
あと、パワフルだけどキレのある音を鳴らしますので
テンポの良い音楽だと楽しく聴けると思います。

PERIDOTは、低音も出てるし音に勢いもあり輪郭もクッキリなので
MP3などの圧縮音源でも気持ちよく聴けます。
これがStyleaudioの考えるリスニング向けのチューニングだと
音が主張しているようで好感が持てます。

ただ、このチューニングを受け付けない人もいると思います。
素直な音とか優しい音って感じのアンプではないですね。

最後に外部出力ですが
PERIDOTとPC用のコンパクトなスピーカーは相性がいいと思います。
うちでは、パソコンの音楽などをスピーカーで聴く場合は
PERIDOTのRCA出力につないだProdino CORE-A55を利用してますが
CORE-A55のコンパクトなスピーカーですと
素直な音よりPERIDOTぐらいインパクトのある音の方が聴いていて気持ち良いです。
小型のスピーカーでも、それぞれのアンプの個性が出ますね。

今回のレビューを読んでもらえばわかると思いますが
俺、PERIDOTとはめちゃくちゃ相性がよかったみたいで非常に満足してます。
ただ、前回もちょっと書きましたが
今、CARAT-RUBYがすごく気になってます。
いやー、PERIDOTでこれだけ音がいいなら
上位機種のRUBYはどんな音がするのか気になって気になって。

う~ん、ヘッドホンアンプはこれで打ち止めにする予定だったのに・・・。

[追記]
その後も、ヘッドフォンアンプに対する物欲はとどまるところをしらず
CARAT-RUBY
Shanling PH-100
ヤフオクの自作ヘッドフォンアンプ
など、欲しい製品が目白押しです。
でも、おかげでヘッドフォンへの物欲は抑制されてます・・・。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。