So-net無料ブログ作成
検索選択

横濱音羽製作所 ディスクリート回路ヘッドホンアンプ (番外編) [横濱音羽製作所]

今日は、ずっとアンプのエージングしてました。
久しぶりに、大音量で長時間のヘッドホンリスニング。
難聴怖い・・・。
耳は大事にしないとね。

まだ5時間ぐらいしか聞いてないんだけど
なんか、音が変わってきたような気がする。
アンプってヘッドホンよりエージングで音の変化が大きいような気がするんだけど
気のせいかなぁ。

このアンプを落札してから届くまでのあいだ
待ち遠しかったので、説明に書かれていた
ローノイズトランジスタを採用とかnon-NFB電源を左右独立搭載とか
電源ノイズ対策として二段CRフィルターを搭載ってのが
音質にどのような効果を及ぼすのか検索して調べていたんですけど
結局、どんな効果があるのかわかりませんでした・・・。

電源2個あれば1個よりはいいだろうとか
二段なら一段よりいいだろうとか
ローノイズだから、ノイズ少ないんだろうとか
想像を膨らますだけの結果に終わりました。

わかる人います?

唯一、検索で成果が出たのが
無誘導巻線抵抗として世界的に有名なDALE社のNS-2Bを合計8本採用
という説明で、調べてみたらその名の通り普通の抵抗でした。

でも、その値段が普通じゃない。
抵抗の相場って100個で200円ぐらいだと思っていたので
この抵抗の値段を見たときは、びっくりしました。

本当に桁が違う。
しかも二桁。
抵抗なのに1個で500円ぐらいするって書いてある。
しかも、抵抗のレビューまであって評価もかなり高い。

横濱アンプは開始価格で落札出来たんですけど
もしかしたら、開始価格はかなり安かったのかも。

俺が横濱アンプを開始価格で落札できたのは
運が良かったって他にもいろいろと理由があると思います。
開始価格が中価格帯のアンプの値段だったことや
評価のある程度固まっているメーカー品ではないって事
上に書いてあるような説明を見ても
俺と同様に、わからない人が多かったのだろうって事や
横濱音羽製作所で調べても
1件も検索に引っかからないって事などなど。

低価格ならまだしも、中価格帯で
全くレビューや紹介のページがないアンプを
ヤフオクの商品説明文だけで買うっていうのは
一種ギャンブルみたいな感じでちょっと尻込みしちゃうんじゃないかと思います。

俺の場合は、Shanling PH-100を落札出来なかったショックが後押ししてくれて
予算オーバーだったけど、なかば勢いで入札しちゃいました。
でも、横濱アンプには満足しているので結果オーライって事で。
おかげで、PH-100欲しい欲しい病も完治しましたし。

唯一困っているのは
専用DAC欲しい欲しい病が発病してしまった事です。
そろそろ妻が爆発しそうだってのに・・・。

横濱アンプのファーストインプレは↓ここに書いてあります。
横濱音羽製作所 ディスクリート回路ヘッドホンアンプ その1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。