So-net無料ブログ作成
検索選択

ケンウッド Prodino CORE-A55 (その3) [Prodino CORE-A55]

Prodino CORE-A55のアンプ部分だけの販売が3月上旬に決定したようです。
価格はオープンプライスで実売価格は25000円前後の見込みとの事で
パソコンにつなげて、良い音で手軽に音楽を楽しみたいって場合に
手が出しやすいんじゃないかと思います。

アンプ部の名称はKAF-A55なので
たぶん今後は、スピーカー付きセットはProdino CORE-A55
アンプのみがProdino KAF-A55って感じになると思います。

CORE-A55をヘッドホンアンプとしてみた場合は
やっぱライバルはCARAT-PERIDOTあたりになるのかな。
素直な音を出す CORE-A55と
パワフルで濃い音を出すPERIDOTって感じでしょうかね。
ちなみに、俺はヘッドホン中心で音楽を聴いているので
プリアンプとしてみた場合CORE-A55がどうかってのはわからないです・・・。

前に書いた、ヘッドホンアンプとして使用した感想は↓ここです。
ケンウッド Prodino CORE-A55 レビューというか感想
ケンウッド Prodino CORE-A55 レビューというか感想(その2)

CORE-A55は機能満載で入力端子も充実してるし
25000円前後で買えるなら悪くないと思いますが
音場(前後方向)が狭いので、そこだけは注意が必要かな。
メインで使っているヘッドホンが音場の広いものだったりすると
その魅力が半減するかも。
左右には広がるけど前後には広がりません。

俺、音場が広いアンプやヘッドホンが好みなので
CORE-A55は好みと合いませんでした。
音が奥に広がらないと、どうも薄っぺらく感じちゃって。
K701で聴いても音に奥行きが出ない・・・。
ヴォーカルが1歩前に出るとか演奏が奥に下がる
というような音の空間を表現するのは苦手なアンプだと感じました。

あと、個人的にはリスニング用にもう少し味付けしてあった方が
音楽を聴いていて楽しいというか、気持ち良い気がするけど
モニタ的な音を好む人もいるみたいだし、これは難しいところですね。

まあ、この音場が気にならないのなら
CORE-A55のコストパフォーマンスは、なかなか高いと思います。
でも、日本版Gmarketなら
CARAT-PERIDOTが1万円前半で買えるんだよなぁ。
初期不良が出た場合は大変そうだけど、PERIDOTが1万円前半ってのは
その音質を考えれば抜群のコストパフォーマンスだと思います。

ヘッドホンアンプは、機種によって個性がかなり違うので
本当は聴き比べて買うのが一番だと思いますが
ヘッドホンアンプを聞き比べられる店なんて大都市にいかなくちゃないもんなぁ。

うちの方なんて、ヘッドホンさえ聞き比べられる所がほとんどない!
自慢できる事じゃないけど・・・。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。