So-net無料ブログ作成
検索選択

SE-200PCI(改) オペアンプ交換 [SE-200PCI]

現在、使っているSE-200PCI(改)は
オペアンプをソケット式に改造してあるので
ちょっと、交換して遊んでみることにしました。

ただ、手持ちのオペアンプがNE5532とLM4562しかありません。
LM4562と今200PCIに挿してあるLME49720は(ほぼ)同一品って事なので
NE5532に替えすることにしました。

NE5532は元々200PCIについているオペアンプなので
交換というか、元に戻しただけなんですけど
俺がこの200PCI(改)をヤフオクで落札した時は
もうLME49720が挿してあったので、NE5532を挿しての音を聴くのは初めてです。

しかし、オペアンプってちっこいですね!
まわりのパーツとかも邪魔で、抜くのにえらい手間取ってしまいました。
おまけに、SE-200PCIはオペアンプ6個もついてる・・・。

最初、精密マイナスドライバーとピンセットで抜いていたんですが
なかなか大変だったので、妻の毛抜き用ピンセット(?)を使用しました。
これを使ったら、結構抜きやすかった。

まあ、わりと苦労しましたが無事NE5532に交換できました。

で、オペアンプを交換して聴いた感想は
うーん・・・。
けっこう違いがあるような。
せいぜい、音色が変わるくらいかと思っていたんですが
音場なども変化がありました。

NE5532は、LME49720に比べると
透明感がいまいちでくもっているように感じました。
あと音が奥に広がらず、ちょっとひらべったく(平面的)に感じます。
やっぱ、LME49720の方が好きかなぁ。

このNE5532は、元々200PCIについていたオペアンプだから
エージングも終わっているはずだけど。

でも、2時間ほど聴いてると
耳エージングが進んだおかげか、最初感じた音のくもり感は気にならなくなりました。
透明感のあるLME49720と比べ
明るくしっとりとした音を出すNE5532も悪くないんじゃないかと思います。

だけど、やはり音が平面的というか奥に広がらないのは気になります。
音の分離も、LME49720よりは悪いかなぁ。
ヴォーカルと演奏がかさなる感じがするし。

俺は音場が広くて立体的な音が好みなので
LME49720の方が相性いいみたいです。

前にLME49720は音場せまいって書いてあるのを見た事があるんですが
別に狭くはないような。
それとも、他のオペアンプを使うと更に音場が広がるのかな?

結局、LME49720の方が好みにあうのがわかったので
早々に、オペアンプを元に戻しました。

そうだ、オペアンプを抜くのが下手だと
足が微妙にまがってしまい次に挿すときに苦労します。
実際、俺はえらく苦労しました。
足は曲がるわ、穴はちっこいわで!

こんなんで、ヘッドホンアンプキットの組み立てなんて出来るのかなぁ・・・。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

cha03

確かにLME49720の方が透明で音場の見通しが良いですね。
総合的には:NE5532も劣ることは無いのですが
龍門 さんにはLME49720が合っていると思います。
そうそうLME49860という高耐圧品もあってこっちの方が良いって人もいます。
ウチも使ってますがアタックと残響のバランスが良い気がします。
LME49720とはちゃんと比較してないのでハッキリと言えないですが。
by cha03 (2009-03-10 15:12) 

龍門

>龍門 さんにはLME49720が合っていると思います。
ええ。
アンプやヘッドホンとの相性もあるんでしょうけど
俺はLME49720の方がいいと感じました。

LME49860というオペアンプは知りませんでした。
OPA627やOPA2604などの、メジャーな奴しかしらなくて・・・。

by 龍門 (2009-03-11 02:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。