So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY TA-AV1 [ヘッドホンアンプ]

真空管式ヘッドホンアンプ、また落札できなかった・・・。
やっぱ、オークの終了時間が仕事中だと
ラストの競り合いに参加できないんで厳しい。

で、落札失敗の悲しみをまぎらわすために
ずっと納戸に放置してあったソニーのAVアンプTA-AV1を
久しぶりに引っ張り出してきました。

これ、20年ぐらい前に買ったアンプで
定価10万から1万円値引きしてもらい9万ぐらいで買いました。

もう、ずっと使ってなかったのですが
ヘッドホン端子が付いてるので
ヘッドホンアンプと比べ、どの程度の物か比較してみることにしました。
使用ヘッドホンはAKG K701です。

10年ぶりぐらいでTA-AV1を聴いたのですが
なんか、bassをかけまくったような力強い音です。
ずいぶん低音を強調してるなぁ。
音の分離は悪いです。
低音を強調していて、音の分離も悪いんで
演奏と重なってヴォーカルが聴きづらい・・・。
それと、ちょっとだけこもっているように聴こえます。
ただ、エコーがかかっている曲でも
それなりに気持ちよく聴けました。

そうだ、音の奥行きをある程度感じられました。
もっと平面的な音かと思ってたので、これは予想外でした。

TA-AV1は、繊細な音の表現は苦手だけど
力強い音で聴かせるってタイプのアンプですかね。
これはこれで、面白いと思います。
でかくて重いけど。

さあ、聴き終わったんで片付けようっと。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。