So-net無料ブログ作成
検索選択

KA-10SH(6DJ8ヘッドフォンアンプキット)仕様決定! [KA-10SH]

KA-10SHの組み立て&改造を請け負ってくれるヤフオク出品者さんに
組み立てを依頼し、現在はパーツ交換などの相談をしてましたが
下記のような仕様で決定しました。

ヘッドホンジャックをミニピンから標準ジャックに変更
ボリュームを付属の物からアルプスの24型2連ボリュームに変更
電源インレットをコード直出しから3Pインレット(ケーブル交換式)に変更
カップリングコンデンサをaudience auricapに変更
電解コンデンサをニチコン MUZE KZに変更
微調整&チューニング(?)

こちらからは、広い音場になるように改造して欲しいって事や
大体の予算、使用ヘッドホンなどを伝え
交換パーツや交換箇所などはすべてお任せしました。

内部配線及び抵抗は、ノーマルのままです。
配線や抵抗の交換についても相談したのですが
音の広がりを求めるなら、標準で付いてくるケーブルでもいけるって事なので
そのままキット付属の物を使う事に。

抵抗は、実際にDALEの抵抗に交換したKA-10SHを聴いた出品者さんから
コスト(1本500円以上?)がかかるので、どうしてもって言うのなら交換するけど
価格(コストパフォーマンス)を考慮すると、あまりお勧めは出来ないとの事で、これもそのままで。

俺が組み立てをお願いした出品者さんは
ノーマルから改造した物まで、多数のKA-10SHを組み立てているのですが
改造なしのKA-10SHでも音質はかなり良いし
音には好みもあるので、高いパーツに交換したからといって
必ずしも、音質が上がったと感じるわけではないとも言ってました・・・。
(これ、交換パーツの相談をしているうち、かなり予算をオーバーしそうになったんで、ブレーキをかけてくれたんだろうけど)

なんか、夢のない話になってしまいますが
出品者さんと何度かメールのやり取りしているうちに
KA-10SHは、ノーマルのままが一番コストパフォーマンスが高いんじゃないかと思えてきました。

でも、自己満足ってのも大事だからなぁ。
後になって、やっぱりauricapに変えておけばよかったとか思っても
俺じゃ交換できないし!

今回は、改造・組み立て込みの総額で5万円程度でした。
この価格帯は、東京サウンドのVALVE-X-SEやCayinのHA-1Aなど
強力なライバルがひしめいてます。
激戦区!

音は聴いたことないんでわからないけど
外観とか質感ならHA-1Aの方が2クラスぐらい上に感じる。

KA-10SHも、もうちょっとスタイリッシュなデザインだといいんだけど・・・。


[追記]
ちょい、誤解されそうなところを修正。


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 8

塩で揉む

はじめまして、塩で揉むと申します。

>KA-10SHも、もうちょっとスタイリッシュなデザインだといいんだけど・・・。

シャーシを再アルマイトすると意外にポップになりますよ。
個人的に再アルマイトして、作成していますが雰囲気が変わりますよ。
by 塩で揉む (2009-03-27 12:07) 

龍門

塩で揉むさん、はじめまして。
まみそさんの掲示板でお名前だけは拝見していました。

>個人的に再アルマイトして、作成していますが雰囲気が変わりますよ。
ご自身でアルマイト処理をしてるんですか。
すごいですね!
全体的な質感とか、かなり上がりそう。

ちょっと、塩で揉むさんにお聞きしたいのですが
KA-10SHのパーツをオーディオグレードのものに変えた時と
ノーマルとの音質差ってわりと大きいんでしょうか?

by 龍門 (2009-03-27 18:37) 

塩で揉む

ご返答ありがとうございます。

まま、再アルマイトは喜び勇んでキット改造コンテストに足を伸ばしたりとか・・・コストは高いのですが人と違うアンプが作れるところは面白いですよ。

http://www.e-kasuga.net/harukon/

正直ですが、オーディオグレードのパーツを入れれば精神衛生的にもOKなアンプであるのは確かです。(お遊びとはいわれますが、行っただけの有意義な差はあります)
お金が余っているのであれば、それでも良いのですが、コストパフォーマンスでしたら、投入ポイントがあるようです。

お安く上げるのでしたら、トランス2次側にCR複合部品を入れるのがオススメ改造です。
by 塩で揉む (2009-03-28 00:23) 

龍門

わー
ゴールドKA-10SHだ!
アルマイト処理って色もつけられるんだ。
塩で揉むさん、コンテストに出たんですね!

>コストパフォーマンスでしたら、投入ポイントがあるようです。
ええ、まさにその通りで。パーツを交換すればするほど
コストパフォーマンスは下がってしまうと思うんですけど
それでも、音がちょっとでもよくならと交換したくなったりするんですよね~。

まあ、コストパフォーマンスは下がるけど
それに反比例して満足度が上がるし!

>お安く上げるのでしたら、トランス2次側に
>CR複合部品を入れるのがオススメ改造です。
あー、もうこの時点で話についていけません・・・。
もしかして、芋ハンダ大作戦に写真が掲載されている
トランスについている謎の物体って書いてあるやつかな。


by 龍門 (2009-03-28 01:01) 

塩で揉む

ええと、お祭り前提で参加させていただきました。>コンテスト
某音楽制作ソフトのキャラ仕様のつもりですが、なかなかこういう改造も面白いのではないかと思っています。

今回、ある程度手が入ったKA-10SHを入手されるようですので、まずはそちらを評価して、お安く簡単なハンダ付け改造(CR複合部品=スパークキラー)の追加などで自分の工作技術もアップしつつ楽しむのが面白いと思います。
by 塩で揉む (2009-03-28 12:39) 

龍門

製作技術があると楽しそう!

コンテストに参加してみようと思いながら作るってのも
目標があって、楽しいんだろうなぁ。

>自分の工作技術もアップしつつ楽しむのが面白いと思います。
そうですよねー!
やっぱ、最低でもはんだゴテは買ったほうがいいかなぁ。
一時は、自分で組み立てようと盛り上がった時期もあったんですが
パーツが立体的に配置されているので
難易度が高いと聞いて、あっさり挫折してしまいました。
道具も持ってないし・・・。

はんだゴテは、ダイソーの60Wってやつでいいんでしょうか?

by 龍門 (2009-03-28 13:56) 

塩で揉む

ダイソー60Wコテでも良いのですが、ピンケーブル自作とか活躍しそうなのでちょっと高級かもしれませんが、セラミックヒータの速熱ゴテ(ボタンを押すと速熱するタイプ)をオススメしておきます。速熱状態でピンケーブルとかハンダ付けできますし意外と便利です。

http://www.goot.co.jp/item.html?c=94

後は、コテ台と、ハンダ(太さ1mm程度スズ60%程度の鉛入りがオススメ)、ハンダ吸収線とか、手動式ハンダ吸取器(スッポンとかいわれるもの)を準備すると良いかもしれません。
by 塩で揉む (2009-03-29 09:47) 

龍門

あー、はんだゴテ(と製作技術)があれば
ピンケーブルも自作できますね。

はんだゴテを買うときは、塩で揉むさんに紹介してもらったのも
検討してみます。

by 龍門 (2009-03-29 12:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。