So-net無料ブログ作成
検索選択

d-10バッキー その後 [スピーカー]

年末に塗装したバッキーですが
塗装後1週間がすぎ、だんだん音が落ち着いてきました。

塗装直後の音は、良く言えば響きやホール感が増した感じ。
悪く言えば、芯がなく焦点がぼやけたボケボケな音。
エコーを効かせたような状態。

塗装は水性ニスを使用したので、MDFがたっぷり水分を吸って
塗装直後は、ぼけぼけの音になったのだと思います。

今は、乾燥が進んだためか音離れも良く音場も広がってきました。

でも、塗装前と比べると
まだちょっと響くというか、ホーンの癖が強く出てるような気もしますが
塗装前の音を良く覚えてないので、気のせいかも。

まあ、FE-83Eバックロードの時も、塗装直後はひどい音だったのですが
2ヶ月ぐらい放っておいたら、いつの間にか音が良くなっていたので
バッキーも更なる音質アップを期待してます。


バッキー完成0.JPG
長岡式バックロードホーン d-10バッキー
塗装前です。


バッキー完成2.JPG
バッキー及びアンダーボードの塗装後。
いつもと同じ、チークの水性ニスで塗りましたが
バッキーには、もっと明るい色が似合うかも。
ちょっとパソコンの周りが暗い雰囲気になってしまいました。

スピーカーの塗装は
なんか、いかにも自分で作ったっていう達成感が得られるので好きです。
バッキーはエンクロージャー製作から塗装まで自分でやったので
愛着わきまくりです!

もうデスクトップスピーカーは、ずっとバッキーでも良いかなぁ。
でも、バッキーは何でも上手く鳴らすってスピーカーじゃないしなぁ。
音源にはシビアだし、小音量も苦手です。
うちの場合だと、床の振動が足に伝わるぐらい音量をあげてやると真価を発揮します。

小音量、ニアフィールド、デスクトップスピーカーという条件で考えると
バッキーより適しているスピーカーはたくさんあると思うんですが
それでも、自作だと愛着がわいて交換する気があまりおきません。

つーか、冷静に考えると
バッキーって小音量、ニアフィールド、デスクトップスピーカーの条件を全然満たしてないです・・・。
というか、俺が無理やりパソコ用のテーブルに置いてるだけで
バッキーはデスクトップスピーカーじゃないですよね。
きっと。
だって、机の上に置くにはでかすぎるもん・・・。

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

きゃーる

龍門さん、こんばんわ^^

塗料は水性ニスなんですね^^
水分よけとして私はエンクロージャに
水取りぞうさんを入れっぱなしです(汗)
ニア用のSPですか^^
604は小音量でも音が痩せないし、ニアでも
聴けるのですが動かせません(汗)
低域を欲張らなければ、90db以上の高能率小型
フルレンジで密閉とか、小音量でも
小気味良く音がでそうだなあと思ってます^^
龍門さん、密閉つくってましたよね?^^
by きゃーる (2010-01-09 00:36) 

龍門

きゃーるさん、おはようございます。

ニスはいつも塗りやすいので水性を使ってます。
音質的には、油性ウレタンの方が良いみたいですが
塗りやすいし乾燥も速いし臭いもきつくないので
水性ニスばかりつかってます。

>604は小音量でも音が痩せないし、ニアでも
>聴けるのですが動かせません(汗)
密閉型って、素直でレスポンスの良い音で鳴るんですよね!
きゃーるさんの604密閉は、箱も大きいしユニットも大きいので
音の厚みもやスケール感も出るんだろうなぁ。

>龍門さん、密閉つくってましたよね?^^
今は、PE-101Aを8リットルの密閉箱で鳴らしてます。
PE-101A用の箱は、密閉、バスレフ、バックロード、フロントホーンの
4種類の箱を持ってますが
密閉箱は、レスポンス良く素直でクリアな音で
同じユニットを使っても、バックロードとは全く違った音がします。
バッキーやスワンが苦手とする
サウンドエフェクトかけまくりの70年代・80年代の邦楽も
それなりに鳴らすことも出来ます。

>低域を欲張らなければ、90db以上の高能率小型
>フルレンジで密閉とか、小音量でも
>小気味良く音がでそうだなあと思ってます^^
小型フルレンジ1発の密閉だと
音に厚みが出ないのでメインに使うと物足りなくなるかもしれませんが
レスポンス良く癖もなく素直な音なので
サブでの使用なら満足度も高いんじゃないですかね。
うちでは、密閉箱は2a3シングルアンプで鳴らしてます。

by 龍門 (2010-01-09 06:59) 

きゃーる

龍門さん、こんばんわ^^

今日はオーディオチェック用CDの編集をしてました^^
基本的に好みの音源を詰め込んでいるだけで、
BEST版に近いですが(汗)
CDもULTRADISCという金反射層のメディアを奢りました^^;

>サウンドエフェクトかけまくりの70年代・80年代の邦楽も
>それなりに鳴らすことも出来ます。
バスレフの場合、あるところからストンと低域が
落ちるのですが、ポップス等にはあいますもんね^^
by きゃーる (2010-01-10 02:34) 

龍門

ULTRADISCって、お値段高めの金色のディスクですよね。
実際に、通常のCD-Rと比べてどの程度の違いがあるかわかりませんが
気分的な満足感は、結構違いますよね。
高いし金色だし。


by 龍門 (2010-01-10 11:41) 

きゃーる

龍門さん、こんばんわ^^

通常の48倍速メディアと音楽用の16倍速
メディアを聞き比べたことがありますが、
音の鮮度は音楽用のほうがあります。
ULTRADISCは音楽用のCD-Rを更に耐久性を
あげたような感じで、音質的には同じ
くらいでしょうか。
ただ同じメディアでもロットによって
当たりはずれがあり、今回入手した
ULTRADISCは書き込み品質はいまひとつでした^^;
誘電の音楽用16倍速メディアがC/P高いです^^
by きゃーる (2010-01-11 01:04) 

龍門

ULTRADISCは、おもに耐久性が上がるんですか。
おんまり音楽をCDに焼いたりしないので
良くわからないんですが
こだわる人は倍速などの遅い速度で焼いたりするんですよね。

>ULTRADISCは書き込み品質はいまひとつでした^^;
ありゃ、ULTRADISCでも品質にはバラツキがでちゃうんだ。
自分の買ったものが、バラツキでいまひとつだと
ちょっと悲しいですよね・・・。
by 龍門 (2010-01-11 01:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。