So-net無料ブログ作成
検索選択

DAC1794-3.5 [DAC]

現在、DAC欲しい欲しい病が発病中です。

今までは、SE-200PCI(改)をメインにつかい
たまに、SV-192Sに切り替えて音楽(音質?)を楽しんでいたのですが
SE-200PCI(改)が壊れてしまい、メインのDACをいろいろと物色してます。


200pci-1.jpg
今までメインでつかっていたSE-200PCI(改)

200pci-2.jpg
裏にもでかいコンデンサがついているので、PCIスロットを2個分使いました。

このSE-200PCI(改)のアナログ出力の音はなかなかのもので
SV-192Sと比較しても、充分に対等といえるレベルだったと思います。
サウンドカードなので、手軽さでいったら真空管式DACのSV-192Sには圧勝でした。

ただ、急にパソコンがSE-200PCI(改)を認識しなくなってしまって。
原因を調べるために、古いパソコンに挿し替えてみたのですが
やっぱ、別のパソコンでも認識しませんでした。
壊れた・・。

で、かわりにSV-192SをメインDACにしたのですが
うちはPCオーディオなので、DACは常時電源が入っている状態です。
真空管式DACの電源をつねに入れておくのは気がひけるので
かわりに、USBバスパワーのCARAT-PERIDOTを使ったりしてましたが
DAC欲しい欲しい病が発病し、不毛なDACスパイラルに突入します。

今回は、DAC1794-3.5という自作DACをヤフオクで入手しました。
ちょっと前に、これの弟分にあたるDAC1794-1.5も入手してます。

DAC1794-1.5(2).jpg
DAC1794-1.5
コンパクトでシンプルな構造ですが
見た目とはうらはらに、音はなかなかのものでした。
オペアンプも交換でき、音の変化も楽しめました。


dac1794.jpg
今回、ヤフオクで入手したDAC1794-3.5の商品説明の画像。
こちらは、PCM1794をパラレル接続で使用していて
アナログ段もオペアンプを使用しないディスクリート構造になっています。

設計は同じ人みたいですが、DAC1794-1.5に比べコストも手間もかかっていそうなので
おもわず、音質に対する期待も過剰になります。

入力が同軸のみなので、DDコンバータにND-S1を使用し
音を出してみたのですが
う~~~~ん。。。

なんていうのかなぁ。
ノイズ感のない音だと感じました。
こういう音がS/N比が高いっていうんですかね。
音の勢いもSV-192Sよりありますし
高音質といって差し支えない出来だと思います。

でもでも。
俺の好みの音じゃかかったです。
なんか整いすぎてる。
アンプ・スピーカーとの相性かなぁ。
それとも、過剰な期待をしすぎたせいかな。

まあ、DACにしてもアンプにしても、単体での評価ではなく
あくまで、システムとしての評価になるので
スピーカーやアンプが違えば、ガラッと評価が変わる可能性もあります。

今回もDACスパイラルから抜け出せなかった・・・。

ちなみに、うちの場合はリビングでオーディオを楽しんでいるのですが
スピーカーの場所をパソコン用テーブルから、サイドボード上に変更すると
DACを変更したときの10倍(感覚上)ぐらいは音が変化するように感じます・・・。

逆にいうと、高いお金をだしてDACを変えても
音の変化は微々たる物ということもできます。

でも、俺はスパイラル中なので
これからもDACに投資すると思います・・・。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

きゃーる

龍門さん、こんばんわ^^ノ

DAC漁りですか^^
個人的感想ですが1794DACは情報量の多い
モニター的な音なので支配力の強いプリで
音を整えてあげると良いようです。
マッキンのC22とか相性いいですね。
クセのないストレートなプリならDACで
音作りしているようなものがいいかもしれません。
自ずと高価格帯になってきそうですが。。。
良いDACにめぐり合えるといいですね^^
by きゃーる (2011-09-18 21:25) 

龍門

きゃーるさん、こんばんは。

1794-3.5のS/N比はかなりのものですし
音に癖も無く高音質といって差し支えないと思います。
でも、なんか優等生過ぎて
ちょっと面白みにかけるような印象があります。

なかなか難しいです・・・。

by 龍門 (2011-09-21 22:17) 

へうたむ

お邪魔します。ご無沙汰しています。

1794-3.5導入ですか! これでは 1794-1.5はもう用済みですねえ^^;。

>なんか整いすぎてる。
1794-1.5を作ったとき、感じました。今までメーカー製CDPで聴けなかった部分が聞こえ始めるとともに、何か音楽学の講義を聞かされているような…。

バーブラウン、とくに179x系はそういう傾向なのかも。今はぐっとダウングレードな PCM1710Uを採用しているCEC CD2300を使って、そういう傾向を免れています(あくまでロー・クオリティですけれど^^;)。

いっそのことウォルフソン、新潟精密、あるいはフィリップスなどのDACを狙ってみられると‥‥TDA1543、TDA1541なんかはまだ人気がありますが、純正デジタル・フィルターの SAA7220が入手困難のため、今作る方はのきなみ NOS(ノンオーバーサンプリング)タイプになります。私は個人的にNOSは使いたくはないのです(使用経験はありません)。
SAA7220付きの基板は、中国製? 基板でまだ頒布はあるようですが…。
by へうたむ (2011-10-12 02:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。