So-net無料ブログ作成
検索選択

ティアック A-H01 通電50時間 [プリメインアンプ]

先週届いたTEAC A-H01の通電時間が50時間を越えました。

ティアックA-H01.jpg
デスクトップのサブスピーカー用アンプとして購入したTEAC A-H01。

それまでは、同じコンパクト型フルデジタルアンプの
Prodino CORE-A55を使っていたのですが
スピーカー端子が小さくて、細いケーブルしかつなげないなど
小さな不満が多々あり、TEAC A-H01に買い換えました。

Iあと、A-H01はCEpowerクラスDアンプということもあり
音質面での期待も、非常に大きかったです。

で、届いてワクワクしながら最初に音を出した時の印象ですが
よく言えば、柔らかくて情報量の多いように感じる音。
オブラートに包まないで言えば、芯がなくうるさく感じる音でした。

第一印象は、あまり良くなかったです。
ICEpowerには期待していたので、かなり落ち込みました。

ただ、俺の場合は
アンプでもスピーカーでも長時間聴いていれば
耳が慣れてきて、いい音に感じるようになるの事も多々あるので
しばらく、鳴らし込んでみました。

ファンネルダクト塗装.jpg
TEAC A-H01とつないでるFDRB型スピーカー。
テーブルの上にコインを3枚のせて、その上にのせてます。

ちょっと音のうるささが耳につくので
もうちょっとすっきりさせるために、テーブルとの間に角材をかませました。

FDBRスピーカー足回り変更.jpg
床(テーブル)と距離ができたので、余分な響きが減り
すっきりした音になりました。

おまけに、耳がなれたのか
アンプのエージングが進んだのかしりませんが
最初に聴いた時よりも、音も良くなってきたように感じます!

Prodino CORE-A55やTEAC A-H01は
コンパクトでDACも付いているので
パソコンにつなげるデスクトップオーディオとしては便利だと思います。
お手軽にそれなりの音質が手にはいりますし。

これで、もっと音場が奥まで広がって
音にも厚みが付いて立体感のある音が出てくれればいいんだけど・・・。
定位はいいけど、音場は平面的に感じます。

あと、Prodino CORE-A55にしてもTEAC A-H01にしても
あんまりボリュームを上げたくなる音ではないです。

俺、大音量が好きなので
音楽を聴いているうちに、ついついボリュームを上げすぎてしまうんですが
ProdinoやA-H01だと、音量を上げても気持ちいい音にならず
なぜか、うるさく感じてしまうので
あんまりボリュームをあげたいって思わないです・・・。

まあ、不満をたくさん書いちゃったけど
サブシステム用のお手軽アンプとして購入したので
音質的な不満度はたいして高くありません。

ただ、Prodinoがあったのに買い換える必要があったのかってことは
ちょっと考えちゃいます・・・。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

きゃーる

龍門さん、こんばんわ^^ノ

エージング完了ですか^^
徐々に良い音になってきたんですね^^
こうやって、ポコポコアンプが増えちゃうんですよね^^*
by きゃーる (2012-03-01 22:25) 

龍門

きゃーるさん、こんばんは。

エージングはどうなんでしょう。
ずっと聴いていると耳の方が慣れてきて
よく聞こえたりしますよね。

まあ、お手軽アンプだから
あまり音質がどうこう言うアンプではないのかも。
Prodinoと比べて、別段高音質だとも思わないし・・・。

デジアンでは、黒モグラ基板をつかったアンプがわりと良かったです。


by 龍門 (2012-03-03 01:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。