So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY TA-F555ESL [プリメインアンプ]

現在メインで使っている、FOSTEXのFW208N+FT48Dバスレフスピーカーは
ソウルノートのsa1.0+sa2.0のダイレクト出力で鳴らしているのですが
もしかしたら、パワー不足かもしれないと思い
ちょっとアンプや出力方法を変更して、聞き比べてみました。

FW208N+FT48D.jpg
FW208N+FT48D使用のバスレフ
アンプはソウルノートsa1.0+sa2.0をダイレクト出力で使ってます。
パワーアンプのsa2.0はダイレクト出力にすると
出力が15wになってしまうのですが
無帰還のNon-NFBアンプになるので、ずっとこのモードで使ってました。

ただ、FW208N+FT48Dバスレフだと
出力15Wでは、ちょっとパワーが足りないんじゃないかとおもう気持ちもあり
黒モグラ基板のアンプを使ってみたり
ソニーのTA-F333ESJをつないでみたりと
他のアンプをちょこちょこ試してはいるのですが
sa1.0+sa2.0の変更にはいたってません。

今回は、スワン用に購入しましたが
思うような音がでなくて、しばらく使ってなかった
SONY TA-F555ESLをつないで見ました。

555ESL.jpg
ソニーTA-F555ESL
スワン用に購入しましたが、同じソニーのTA-F333ESJと聞き比べた結果
F333ESJの方がスワンとは相性がいいように思えたので
ずっと2階の納戸で眠ってました。


TA-F555ESLですが、sa1.0+sa2.0に比べ
低音が分厚くなり、中高音に独特のキラキラ感も付き
まさに、華やかでゴージャスな音というような感じになりました。

でも、音の奥行きがsa1.0+sa2.0のようには出ません。

sa1.0+sa2.0を、わざわざ出力の低いダイレクトモードで使用している理由も
実は、この音の奥行き感のためだったりします。

ノーマルモードでの接続にすると
sa1.0+sa2.0でも30Wの出力になるのですが
それと引き換えに、音の立体感が多少減って聴こえます。

TA-F555ESLのゴージャスで華やかな音も悪くないけど
どちらかを選べといわれたら、やっぱ奥行き感で勝るsa1.0+sa2.0かなぁ。

今はF555ESで聴いているのですが
鳴らし始めて1時間を過ぎた辺りから、だんだん音が良くなったように感じます。
ずっと使ってなかったからなぁ。

TA-F555ESLがコンパクトならリビングに置いておいて
気分でアンプをつなぎ変えたりしてもいいと思うぐらいの音は出てます!

ただ、TA-F555ESLはでかいし重いし
おまけにすぐ熱くなるし・・・
と、音以外にも気になる点があるので、また納戸行きになりそうです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

きゃーる

こんばんわ^^

アンプ聴き比べですか^^
SONYはまたお蔵入りなんですね(T_T)
ウチも何台かアンプがありますが、
いつも使うのは決まってます・・・
たまには鳴らしますが・・・
by きゃーる (2012-10-21 23:34) 

龍門

アンプは数があっても
使うのは、ある程度きまっちゃうんですよね。

スピーカーにしても、アンプにしても
すこし無理しても、本当に欲しいのを入手する方が
結果的に安上がりだったなんて事になったりするんですよね・・・。
by 龍門 (2012-10-22 18:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。