So-net無料ブログ作成
検索選択

FW208N+FT48Dバスレフスピーカー ネットワーク変更 その2 [スピーカー]

FT48Dのネットワーク用の空芯コイルが届いたので
さっそく、現在使用しているコアコイルと交換してみました。

自作ネットワーク3.jpg
前回の改造で取り付けた1mHのフェライトコアコイルと
10μFのフィルムコンデンサです。

上記写真のコイルとコンデンサの数値は
フォステクスのサイトのに載っていた
FW208N+FT48Dスピーカーのネットワーク図を参考にしました。


ネットワーク1.5mH(1).jpg
で、こちらが今回購入した1.5mHの空芯コイルです。
コアコイルとちがい、ネジ止固定ができなかったので
ほっとボンドを使いネットワーク基板と接着しました。

この1.5mHのコイルは長岡鉄男さんが
FW208N+FT48Dで自作スピーカーを作ったときの物で
これでネットワークを組んでいる人も多いと思います。
ちなみに、コンデンサは13.3μFです。

まず、コイルのみ交換しスピーカーから音を出してみたのですが
好みの音じゃないというか、イマイチの音質でした。

なんか嫌な予感が・・・。

当初の予定では、この状態で2~3日聴いてから
コンデンサも変更する予定でしたが、2~3日どころか
2~3時間聴くのもつらいような音だったので
早々にコンデンサも変更しました。

ネットワーク1.5mH(2).jpg
10μFのコンデンサに3.3μFのコンデンサを並列につなぎ
長岡さんのスピーカーとおなじ13.3μFとしました。

コイル変更直後の音が、イマイチだったので
かなーり不安な気持ちで音を出しました。

・・・

・・・・・

・・・・・・・

うーん・・・


なんか唸ってしまうような音です。

えーと
音の厚みは増してるけど
なんか少しエコーがかかってるような感じというか
気持ちのよくない音がまとわりついている感じというか・・・。

俺の好みの変化ではなかったです。

音の奥行きがうまく出ないし
変更前と比べ、聴いていて気持ちの良い音でもないので
すぐに、このコンデンサとコイルとそれらの送料が無駄になった事を理解しました。

FT48D用のコイルは
0.5mH・1.0mH・1.5mHと3種類試しましtが
うちの環境だとダントツで1.0mHの物が合ってました。

さっき1.0mHの空芯コイルをポチったので
とりあえず、また1.0mHのフェライトコアコイルに戻して
1.0mHの空芯コイルが届いたら付け替えます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

きゃーる

こんばんわ^^

ネットワーク空振りですか><
今度届くコイルが合うといいですね^^

そうそう、春日のKA-10SH MKⅡをぽちっちゃいました^^
届くの楽しみ^^
by きゃーる (2012-11-11 02:30) 

龍門

おおっ!
KA-10SH MKⅡを買いましたか。

MKⅡになってちょっと値段が上がってるみたいですが
ケーブルが取り外し式になってたりで
汎用性は高くなってますね。

KA-10SHの改良版との事なので
音質はかなりの物だと思いますよー!

by 龍門 (2012-11-11 13:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。