So-net無料ブログ作成
検索選択

パイオニア S-3EX 届いてから1週間 [スピーカー]

皆様、あけましておめでとうございます。

パイオニアのS-3EXが届いてから1週間が経ちました。

最初は、もうすこしウーハーが大きいスピーカーを考えていたので
このスピーカーは候補に入っていませんでしたが
試聴した結果、音場が前後に広いことと
締まったゴリッとした低音が、後ろの壁までの距離がとれない
自宅での使用には向いていると思い購入を決めました。

S-3EX3.jpg
S-3EXは、パソコン用テーブルの両隣に設置してあります。
スピーカー間の距離は180cmほどありますが
試聴距離は150cmとニアフィールドでの使用です・・・・。
しかも、スピーカーの間にはモニター、その前にはパソコン用テーブルがあり
設置環境は最悪です。


S-3EX2.jpg
足元はスパイクがついているのですが
付属のスパイク受けは使わず
自作の砂入りスピーカーボードに、直接置いています。

このスピーカーは1本の重量が48gもあるので
セッティングも一人では出来ず、次男に手伝ってもらい
なんとか、ボードの上にのせました。

でも、しっかり作ってあり剛性感とかは凄いです!

以前使っていたエソテリックのMG-10は
箱を鳴らして、気持ちいい音と広い音場を作ってましたが
このS-3EXは極力箱をならさないように作ってあるようで
そのおかげか、定位と前後の音場は見事です。
音も、ナチュラルで癖がなく嫌な音なども出ません。

うちではスピーカーはリビングに設置しているのですが
最初に音を出したとき、ちょうどリビングにいた長男から
テレビから音が出てるのかと思ったと言われました。

音の厚みとか深さとか音場の奥行きなどが全然違うのですが
癖がなくて自然な音なので、あまり違和感がなかったのだと思います。

まあ、サラウンド用にも使用されることを前提に開発されたのでしょうから
自然で違和感のない音質というのは大事だったんでしょう。

このS-3EXはアンプ喰いと書いてあるのを何度か見かけたのですが
実際はどうなんですかね。
現在はソウルノートのパワーアンプsa2.0を2台使い
左右に1台ずつ振り分けたバーチカルバイアンプで駆動してます。
プリアンプもソウルノートのsa1.0でsa2.0とはダイレクト出力で接続してます。

ショップでの試聴時は、アキュのセパレートで
パワーアンプはA級のとにかくでかくて物凄いやつでした。

あまりにも、自分の環境と違うので
お店のかたに、うちのアンプでも大丈夫か質問したところ
ソウルノートのパワー2台での駆動なら大丈夫じゃないかとは言われたのですが
そのお店はソウルノートの扱いはないようで、詳しい事はわからないようでした・・・。

でもまあ、実際に接続して使ってますが
お店で感じた低音の引き締まってなおかつゴリッとした感じもちゃんと出てますし
スピーカーの間に色々と音をさえぎる物がある
極悪な設置環境にもかかわらず、それなりに前後の音場もでてるので
なんとかなってるのかなとは思ってます。

まあうちは、試聴距離や部屋にあるさまざまな障害物なと
かなり設置条件がわるいので、あまりアンプやケーブルで
違いが出ないというのもありますが・・・。

あと、このスピーカーはバッフル板が曲面になっている
ラウンドフォルムエンクロージャーという形状になっていて
3mの距離で聴くと位相が揃う設計になっているようです。

うちは、半分の1.5m程度の距離で聴いているので
ためしに、椅子を壁際までもっていって3m程度離れて聴いてみました。
やはり距離は離れた方が、さらに音場が広がって近くで聴くより良いです!

ただ、これは他のスピーカーでも何度も試していることで
MG-10にしてもFW208Nバスレフにしても12L2にしても
バッキーにしてもスワンにしても
離れたほうが音場も含めいい音質アップを感じたので
ラウンドフォルムエンクロージャーだから
ニアフィールドがダメというわけではないと思います。

うちの場合は、曲面バッフルよりも
スピーカーの間や前にあるパソコンモニタやテーブル、電話機&電話台など
そういった障害物の方が問題だとおもってます。
専用のオーディオルームが欲しい・・・。

で、1週間使ってみた感想ですが
何度も書いてますが引き締まったゴリっとした低音と奥行きのある音には満足してます。

FT48Dのような中高域の透明感というのはないのですが
ヴォーカルでは、たまに艶かしく感じる音が出る事もありハッとさせられます。
音像も大きくなりすぎず、非常に聴きやすいです。

定位も非常によくて、きっちりスピーカー間の真ん中で定位します。
ただ、両方のスピーカーまでの距離は同じにする必要があると思います。

うちの場合は、電話台がじゃまして
右のスピーカーがちょっとテーブルの中心より右にはなれているので
左右を同じ距離にする為に、左のスピーカーをちょっと後ろにさげて調整しました・・・。

エンクロージャのガッチリ感も気に入ってます。
さわってみると、とにかく剛性の塊という感じです。

表面の塗装は、最後まで購入を迷っていた
DC-10Tの鏡面塗装の方が好みでした。
ピアノ仕上げでクリア層が分厚くてとにかくキレイでした!!
見ているだけで満足感を得られるというのも大事だとつくずく感じました。

S-3EXのスタイルでは、足元が格好良いと思います。
スパイクによる3点支持なのですが
見た感じは4点支持のよう出安定感があります。
逆に不満は、グリルネットを外した状態の外観。
たぶん、音質的にはサランネットはないほうがいいとおもうんですが
見た目が好みじゃないので、うちではサランネットは必須です。

とまあ、こまかい不満がないわけではないのですが
現時点ではおおむね満足しています。

あ、それと購入後ちょっと気になってるのがS-1EXです。
最初は、S-3EXでも大きさ的にはギリギリかなと思っていたのですが
実際に設置してみたら、スペース的にもうすこし大きいサイズでも設置出来そうなので・・・。

同じシリーズですぐ上に上位機種があると
そっちも気になりますよね・・・。
欲しくなったら困るから、絶対に試聴しないようにしないと!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

きゃーる

こんにちわ^^

S-3EXのレポートですか^^
横幅が狭いのでSPの存在が消え易い傾向があるかもですね^^
箱を鳴らさずユニットの性能を引き出すアーキテクチャーなんですね^^
B&Wもそうだと聞いたことがあります^^
かなり音質やスケールがアップしたようですね^^
興奮が伝わってきます^^
となると今後はS-3EXを更に生かすべく色々な出費が
でてきそうですが、それもお楽しみということで^^*
by きゃーる (2013-01-02 14:54) 

龍門

きゃーるさん、こんばんは。

S-3EXは、極悪な設置条件でもそれなりに鳴ってくれて満足してます。
箱が大きいので、スケール感もでてます。

>となると今後はS-3EXを更に生かすべく色々な出費が
>でてきそうですが、それもお楽しみということで^^*
うーん・・・。
やっぱ効果的なのは部屋ですかね。
いちど、リビングにあるものを全て廃棄して
スピーカーを理想的な場所に設置できたら良いんですけど。
アハハハ。

あと、今年は次男が大学に入学するので
卒業するまでは、倹約生活が続くかも・・・。

by 龍門 (2013-01-02 17:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。