So-net無料ブログ作成
検索選択

PIONEER S-3EX 視聴距離 [スピーカー]

現在、パイオニアのS-3EXを
メインスピーカーとして使用していますが
パソコン用テーブルの両脇にセットしてあるので
普段は1.5m程度と近距離で聴いています。

s-3ex4.jpg
後ろの壁から距離をとれず
スピーカーの間にはパソコンやモニタ、アンプ類、テーブルなど
セッティングとしては最悪の環境と言えると思いますが
リビングを利用しているので、置き場所などであまり自由がききません。

ただ、今まではフルレンジ1発の小型バスレフや
それほど大きくないブックシェルフスピーカーだったので
ニアフィールドで聴いても、それほど気にもなりませんでした。

しかし、今回購入したスピーカーはトールボーイのためか
今までよりも、視聴距離によって音質変化が大きいように感じます。

パソコン用テーブルの後ろにあるコタツに入って聴くと
聴く場所が変わるだけで、こんなに音が変わるんだと思うぐらい変化しました。
距離も3m程度になり、ラウンドバッフル上に各ユニットが配置されている
S-3EXでは、ちょうど位相が揃う距離のようです。

特にコタツに寝そべるような感じで、頭だけ壁に寄りかけて聴くと
床から近い為か、低音が増強され
迫力満点で一番のお気に入りです!!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

きゃーる

こんばんわ^^

低域がズンズンきますか^^
今までよりかなりスケール感アップしたことでしょうね^^
私も聴くときはだらっと寝そべったような状態で聴きます^^
PCやっている時は横向きで聴いてますね^^
でもほんとに良い音とは隣の部屋にいても
良い音なんだそうです。
以前佐久間アンプで有名な佐久間氏のところに
訪問したとき、そう言ってました^^
おいらもそういう音目指すぞ><
by きゃーる (2013-01-29 23:44) 

龍門

きゃーるさん、こんにちは。

きゃーるさんも寝そべって聴いているんですか!
床に近いところで聴くと、低音が響いて
ソースによっては、気持ち良さが倍増したりしますよねー。

あと、音楽をかけながら
そのまま気持ちよく練られたりするので
コタツでの寝そべりポジションが一番のお気に入りになりました。
by 龍門 (2013-02-03 09:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。