So-net無料ブログ作成
検索選択

オーディオにおける部屋の重要性 [スピーカー]

FW208N+FT48Dバスレフスピーカーを
パソコン用テーブルの両脇に配置した時と
テレビの両側に配置した時での音の違いが、かなり大きく
設置場所が変わっただけでこれほど音がかわるのかと唖然とすることがあります。

FW208N+FT38Dバスレフ3.jpg
パソコンの両脇にセッティングしていた時。
上記写真の時は、まだツイーターはFT38Dでした。

このときの音はイマイチと感じたので
ネットワーク変更とツイーターを変更し
ある程度満足のいく音が出るようになりました。


自作2way.jpg
パイオニアS-3EX購入により
パソコンの隣からテレビの隣に移動しました。

オーディオショップでの試聴で、その音に惚れ込んだS-3EXは
自宅でパソコンの隣に置いても満足のいく音で鳴ってくれて
いい買い物をしたとほくそ笑んでいました。

s-3ex4.jpg
パソコンの隣にセッティングしたS-3EX

部屋は12畳程度ありますが
スピーカー間にテーブルやモニターなどがあり
設置環境は悪いと思います。

で、テレビ横に移動したFW208N+FT48Dバスレフが
同じ部屋なのに場所を変えただけで
なぜ、こんなに音が変わるのかと
唖然とするぐらいいい音でなっていて
ちょっと複雑な気分です。

つないでるアンプもTEACの低価格DAC付きデジアンですし
おまけに手元で音量調整ができるようにと
パソコン用テーブルの上に置いてあるDAC-FUNの
ボリュームが有効になるLINE出力から
3mのRCAケーブルを使いアンプに接続してます。

TEACのDAC付きデジアンA-H01もボリュームは付いているので
2重にボリュームを通っていることになります。


ちなみに、パソコンテーブルの隣にセットしていたときは
ソウルノートsa1.0をプリアンプとして使用し
パワーアンプのsa2.0を2台使い、1台で1本のスピーカーをならす
バーチカルバイアンプ方式で接続にしてました。

それなのに、テレビ横に置いたときの方が
比較にならないほど、音が良く聴こえるというのは
部屋の重要性を思い知らされた気分で
もう、アンプとかケーブルとかDACとかにお金を使うのが馬鹿馬鹿しくなります。

現在、テレビの近く(右隣)には
サイドボードやら本棚やら電気オーブンなどが置いてあって
なかなか自由にセッティングできないのですが
サイドボードとか本棚とかオーブンとか全部捨てちゃって
広くなったところに、まずパイオニアのS-3EXをセットして
その間にテレビをセットしたいと、家族と交渉中ですが
全く相手にしてもらえません。

ちゃんと話を聞いてもらえないので交渉にすらならない・・・。

スピーカーを自由な位置に設置できる専用のオーディオルームほしいなぁ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。