So-net無料ブログ作成
検索選択
ヘッドホン ブログトップ

オドロキヘッドフォン レビュー [ヘッドホン]

オドロキヘッドフォンは
逆転裁判というゲームの初回特典で付いてきたヘッドホンです。

これ、名前に偽りなしです。
最初に聴いたときは驚きました。
・・・音があまりにも悪くて。

オドロキヘッドホンの音ですが
低音域と高音域がまったく出ません。
ばっさり切捨てられてます。
中音域は、解像度が低くぼやけた音がします。
しかも、エコーがかかりまくり・・・。
あと、音量を上げるとすぐ音が割れます。

なんか、懐かしい音です。

30年くらい前
漫画が始まると、ラジカセのマイクをテレビのスピーカーに近づけて
主題歌を録音して聴いたりしていたんですが
オドロキヘッドフォンの音は、それと似たような感じです。

100円ショップのヘッドホンも、これよりは音いいですよね?
オドロキフォンと100均のヘッドホンの両方を持っている人いないかなぁ。

ヘッドホンにはまったきっかけ その3 [ヘッドホン]

前回までのあらすじ
ヘッドホンアンプにはまったきっかけ その1
ヘッドホンアンプにはまったきっかけ その2

ビクターのHP-RX500は、音質的には満足でしたが
すぐ耳がいたくなってしまい、30分もつけていられないような状態なので
ケーズ電機の音が出てない視聴機コーナーで装着だけしてみて
ふんわりした付け心地で気持ちよかった
オーディオテクニカのATH-AD300を買うことにしました。

これまでマイクつきで1000円程度のヘッドホンを4年間も使っていたので
一週間前に買ったRX500でさえ、ヘッドホンにしては高い買い物だと思ってました。
なので、5000円もするAD300は
自分の中では超高級ヘッドホンに思えました。
箱も立派だったし!

AD300も、RX500同様ちょっと安くしてもらえ4500円で買うことができました。
ヤマダ電機は、交渉してもヘッドホンの値引きをしてくれなかったのですが
ケーズは1割ほど引いてくれました。

いつものようにPCのヘッドホン端子に直挿しして聞いてみます。
音質的にはRX500に似た感じでしたが
低音はbassがかかっているような強調された感じです。
低音の量が多いというわけではなく、一定の周波数部分が強調されているように聞こえるんですが
買ったときは、やっぱ高いヘッドホンは低音も出るしメリハリもあってすごいなと思いました。

今にして思えば、AD300は開放型にしては
少しこもって聞こえる事もあるんですが
当時(1ヶ月前)は、1000円のマイクつきヘッドホンからHT260、XD100、RX500と
低価格(?)の密閉型を矢継ぎ早に買い換えてる途中だったので
多少、こもって聞こえるのも気が付きませんでした。
逆に、密閉のRX500より抜けがいいので
当時、自分の持っているヘッドホンでは一番こもってないヘッドホンだったし。

で、ふんわりした気持ち良い付け心地と
低音がズンズン響くAD300の音を聞いて
今度こそ、俺のヘッドホンの旅も終わったと思いました!・・・30分だけ。

耳痛いです・・・。

ふんわりして気持ち良い付け心地で
軽くて側圧もゆるいAD300ですが、ヘッドホンパッドと音の出るところ(ドライバ?)
までの距離が短いので、耳に音の出るとこにあたります。

数々の失敗を繰り返してわかったのは
パッドの内径はもちろんですが、ある程度の深さもないと
俺の場合は、耳に当たり痛くて聞いていられないということでした。

これまで、短期間にHT260、XD100、RX500、AD300と買い換えてきましたが
このうち、耳が痛くならないのがMDR-XD100だけというありさまです・・・。

AD300などは、視聴機もありちゃんと装着までしたのに。
だけどケーズの音の出ない視聴機じゃ
30分もヘッドホンつけてられないよなぁ・・・。

清水の舞台から飛び降りたつもりで買い換えた
AD300で耳が痛くなったショックは絶大でした。

この事で何か変なスイッチが、俺の中で入ってしまい
値段も音も関係ない!装着感が良くて耳が痛くならないヘッドホンをとりあえず買う!
という、目標が出来上がりました。

ちなみに、値段も音も関係なければ
MDR-XD100がすでにあるわけなのですが
RX500やAD300の音をすでに聞いてしまってるので
XD100の音では満足できないというか、もっと良いヘッドホンがほしいというか・・・ごにょごにょ。

で、ネットの海に乗り出して情報を集め
装着感を第一に考えて見つけたのがソニーのMDR-F1でした。

これ、耳覆いの開放型なんですが
ドライバとパッドの間に何もないんです。
ただ空間があるだけ。
穴が開いてます。

こんな感じ

これなら、俺の耳でも痛くならなそう。
つーか、エルフとかのとがった長い耳でも
パッドとドライバの間の空間から出せばいけるんじゃない?
と思わせるほどの説得力をもった形してます。

問題は、値段です。
2万円近くします。
最初にヘッドホンを買いに行った時に見た
俺にとっては超高級ヘッドホンであり、高値の花であり
一生こんなレベルのヘッドホンを使うこともないだろうと思っていた
ATH-AD400の7000円をもはるかに凌駕するレベルの価格です。

AD300を買うときでさえ、妻のクレーム対策に7日を要してます。
いったい、MDR-F!だとどのくらいかかるかなぁ。
ということで、考えに考えた末
家族には内緒で買うことにしました。
いまさら一個ぐらい増えても、わからないかと思って・・・。

もう、自分の中ではこれは一生使うヘッドホンという位置づけで
それなら2万円も決して高くない。
100年使えば、一日0.5円だしと無理やり理由付けもできました。

MDR-F1はケーズでは21800円でしたが
また、1割引いてもらって2万円以内で買うことが出来ました。


で、MDR-F1の感想ですが
装着感は文句なしです!
30分どころか3時間つけていても、耳が痛くなることはありません。
パッドの内径が大きいのでドライバが耳に当たらない位置で装着できます。
おまけに、あんまり蒸れないし
長時間つけていても、それほど苦になりません。

音質についてですが
今は、わりと高く評価しているんですが
買った当時は、あれれれ・・・
というのが正直な感想でした。

低音は誇張なくわりと量も出ていると思うのですが
当時(3週間前)は評価基準がPCのオンボードヘッドホン端子直挿しで
AD300やRX500との比較だったので
低音にBASSのかかっているような音がするAD300の方が
低音も出ていてメリハリもあるように感じました。

しかも、中域がこもって聞こえます。

ネットで見たレビューでも、価格から考えると
音はあまり良いとはいえないって感じのものが多かったのですが
さすがに、AD300とはレベルが違うだろうと考えていたので
かなりショックを受けました。

この、MDR-F1ショックのせいで
またまた、俺の中で変なスイッチが入ってしまい
今度は、値段なんか関係なしで音のいいヘッドホンを買おうという
目標が出来上がりました。

前日まで100年使えば一日0.5円とか言っていたのに・・・。

で、この3週間で買ったヘッドホンが
オーディオテクニカのATH-A900、AKG-k701
ヘッドホンアンプが
CARAT-UD1、AMP800
ヘッドホンアンプ部の評価も高いコンパクトデジタルオーディオ
ケンウッド Prodino CORE-A55です。

ちなみに、俺のヘッドホンの旅はまだまだ終わる気配がありません。
終点ってあるのかな?

取り急ぎ、これまでの経過をまとめたので
次回の更新からは、各機種のレビューというか主観的な感想をあげていきたいと思います。

次回は、Prodino CORE-A55 の感想を予定してます。


ヘッドホンにはまったきっかけ その2 [ヘッドホン]

RP-HT260の装着感があわず
泣く泣く、電気店(ヤマダ)に新しいヘッドホンを買いにいったのですが
それまで問題なく使えていた、マイクつきヘッドホンのような耳のせ型に戻せばいいものを
なぜか、またオーバーヘッド密閉型を物色していました。

いや、なんか密閉型の方が大きくて立派で音が良さそうな感じがして・・・。

で、今度はソニーのMDR-XD100という機種を
パナソニックのRP-HT260と同じ値段の1980円で買いました。

家に帰って早速使ってみると、MDR-XD100は耳にあたることもなく
長時間つけていても、あまり耳が痛くなりません。

当時(四ヶ月前)は、音もかなり良いと思ってました。
やっぱ、でかくて高いヘッドホンは音が違うなぁ!とけっこう満足して
PCに保存してあるMP3の音楽とかCD(昭和の音楽中心)とかを聞いてました。

で、2ヶ月ぐらいこのヘッドホンを使っていたのですが
これより、良い音がするヘッドホンもあるんだよなぁ、どんな音なのかなぁと興味がわいてきました。

ヤマダで見たときに、サラウンドも付いてないのに7000円近くしたヘッドホンもあったし
あんなので音楽聴いたら、きっと素晴らしい音が出るんだろうなとか
いろいろと想像していました。

ちなみに、その素晴らしい音が出そうな7000円ぐらいする超高級ヘッドホンは
オーディオテクニカのATH-AD400です。

つい2ヶ月前は、7000円はヘッドホンにかける値段だとは思ってませんでした。
ほんの一握りのオーディオマニアの人が買う、超高級機種だと信じて疑いませんでした。
もしかしたら、今の自分の感覚が麻痺していて
一般的には7000円のヘッドホンは超高級品って感じかもしれないけど、どうなんでしょう?

そんなこんなで、さらに良い音で音楽を聴きたくなり
ネットでヘッドホンを調べてみると
ビクターのHP-RX500というヘッドホンがわりと評価がいいようです。

しかし、ヘッドホンばっかたくさんあってもしょうがないよなぁ
という心の葛藤もあり、悩んだ末
やっぱ、3000円ぐらいの金額で悩むのもばかばかしいと思い
こんどは、ケーズ電機のヘッドホン売り場へと向かいました!

ケーズはヤマダと違い、ヘッドホンに力を入れているようで
驚いたことに、サラウンド機能が付いてないのに1万円以上する機種まで売ってました。
(当時は、1万以上のヘッドホンは、ほとんどがサラウンド機能が付いていると思ってました・・・)

しかも、試聴機もおいてあります。・・・音は出てなかったけど。

うちの方は田舎なので、市内にある電気店はケーズ、ヤマダ、コジマのみ。
しかも、オーバーヘッド耳覆い方の試聴機があるのはケーズだけというありさまです。

ちなみに試聴機は、オーディオテクニカの
ATH-AD300、ATH-AD500、ATH-AD700とATH-A500(A700だったかも)の4機種。

試聴機は、一番安いAD300でも5000円という値札がついていて
なんだか、すごい所に来ちゃったなぁってのが率直な感想でした。

せっかくなので、試聴機では一番安いけど
自分の価値観では、めちゃくちゃ高いATH-AD300を装着してみました。
音が出てないので、どういった音が出るのかはわかりませんでしたが
装着間は、ふんわりとしていて気持ちいいものでした。

やっぱ、高級機種は違うなぁ、俺には関係ないけどなどと思いながら
目当てのビクターHP-RX500を、ちょっと値引きしてもらって2500円で買って帰りました。

家でPCのヘッドホン端子に直挿しして、音楽を聴いたんですが
最初に聞いた瞬間に、もうこれで充分!って思えるような音質でした。

中域に独特の艶があって、いつも聞いてる小泉今日子がさらに色っぽく聞こえます。
チューリップの虹とスニーカーの頃を聴いても色っぽく聞こえます!
MDR-XD100と比べると、音の奥行きもあり
最初からHP-RX500を買っておけばよかったと思わせる説得力のある音です。

この2ヶ月で、RP-HT260(1980円)、MDR-XD100(1980円)、HP-RX500(2500円)と
ヘッドホンを買いまくってしまいましたが
やっとHP-RX500で俺のヘッドホンの旅も終点に来たと思いました。

でも、実は旅はまだまだ終わらないと30分後に気づかされます。

耳が痛い・・・。

音がどうこうの前に、すぐに耳が痛くなってヘッドホンをずっと付けていられません。
俺の耳の形が普通じゃない?

耳が痛くなるので、仕方なくMDR-XD100で音楽を聴きます。
でもHP-RX500と比べると、音に広がりがなく平面的に聞こえるし艶もないしで、またHP-RX500に戻します。
そうすると、すぐに耳がいたくなって・・・

そんなときに、頭をよぎるのは
ケーズ電機の視聴機コーナーにおいてあったATH-AD300です。
あれは、ふんわりとした付け心地で気持ち良かったし
値段も高いから音もいいんだろうし、ほしいな。
などと考え悶々とした日々を過ごしてました。

まあ、金銭的には問題ないんですが
問題は、短期間に大量にヘッドホンを買って妻からクレームが来ないかという事です。

一週間ほど悩み、万全のクレーム対策も思いついたので
やっぱATH-AD300を買うことにしました。

ちなみにクレーム対策は
「耳が痛くてこのヘッドホンは着けてられないや」とか
「新しいヘッドホン買うか」
というような独り言を、妻に聞こえる声でささやく事です。
それを7日間続けました!

で、一週間後またケーズ電機のヘッドホン売り場に立ってました。
これが、たしか11月の初め頃だったので、今から一ヵ月半ぐらい前です。

この時は、今現在の状況など想像もしてませんでした・・・。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヘッドホンにはまったきっかけ その1 [ヘッドホン]

今年の夏に、4年間使っていたマイクつきヘッドホンが壊れてしまい
PCの音楽を聴くために、近くの量販電気店にヘッドホンを買いにいきました。

それまでは、マイク付で1200円程度のヘッドホンを使っていたので
電気店のヘッドホン売り場を見ても、どれが良いヘッドホンでどれが良くないヘッドホンか
かいもく見当がつきません。

とりあえず、でかくて立派にみえてしかも2000円で買えるパナソニックのRP-HT260という
オーバーヘッド型密閉式ヘッドホンを買いました。

当時(・・・といってもほんの4ヶ月前)は、値段が高いだけあって立派なヘッドホンだなと思ってました。
なんたって、マイクも付いてないのに
今まで使っていたマイクつきヘッドホンの2倍近い値段だったし!

これが、ヘッドホンの泥沼に足を踏み入れた第一歩でした。

早速、PCのヘッドホン端子に直挿しして音楽を聞いてみました。
でかくて立派で高いヘッドホンはやっぱりちょっと違うなー!とか思いながら
しばらく聞いていたんですが
そのうち、耳が痛くなってきました。

俺の耳の形とRP-HT260は相性が悪いみたいで
どんなに位置をずらしても、一部耳に当たってしまい
30分程度つけていると、耳が痛くなってしまいます。

そのうち慣れるかと思い、3日ほど我慢して使ってましたが
耳は痛くなるばかりで、とうとう我慢できなくなりました。

そして翌週には、また電気店(ヤマダ)のヘッドホン売り場にいました・・・。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ヘッドホン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。