So-net無料ブログ作成
検索選択
ヘッドホンアンプ ブログトップ

横濱音羽製作所 ML-3J Jupiter(ジュピター) [ヘッドホンアンプ]

アマゾンで検索していたら
横濱音羽製作所のヘットホンアンプが売ってるのを見つけました。
ビックリ!

昨年末は開発中だったジュピターも完成したようで
アマゾンで買うことができます。

値段は15万強でした。
これ、試聴なしで売るのは厳しいんじゃないですかね。
衝動買いできる金額じゃないし、販売方法も通販のみだし・・・。

現在、うちでは
横濱音羽製作所の初代MLシリーズML-1(ムーンライト)と
春日無線の真空管式ヘットホンアンプKA-10SH(改造済)を交互に使ってますが
どちらも出来がよく満足してます。

ただ、ジュピターの音を聴いちゃうと・・・。
最初に聴いたときは、かなり衝撃的だったなぁ。
これがあれば、うちにある他のヘットホンアンプはいらないって思いましたし
今もそう思ってます。

ちなみに、俺が借りたジュピターは試作品で
製品版の音はきいたことありません。
さらによくなってるのかな?

SONY TA-AV1 [ヘッドホンアンプ]

真空管式ヘッドホンアンプ、また落札できなかった・・・。
やっぱ、オークの終了時間が仕事中だと
ラストの競り合いに参加できないんで厳しい。

で、落札失敗の悲しみをまぎらわすために
ずっと納戸に放置してあったソニーのAVアンプTA-AV1を
久しぶりに引っ張り出してきました。

これ、20年ぐらい前に買ったアンプで
定価10万から1万円値引きしてもらい9万ぐらいで買いました。

もう、ずっと使ってなかったのですが
ヘッドホン端子が付いてるので
ヘッドホンアンプと比べ、どの程度の物か比較してみることにしました。
使用ヘッドホンはAKG K701です。

10年ぶりぐらいでTA-AV1を聴いたのですが
なんか、bassをかけまくったような力強い音です。
ずいぶん低音を強調してるなぁ。
音の分離は悪いです。
低音を強調していて、音の分離も悪いんで
演奏と重なってヴォーカルが聴きづらい・・・。
それと、ちょっとだけこもっているように聴こえます。
ただ、エコーがかかっている曲でも
それなりに気持ちよく聴けました。

そうだ、音の奥行きをある程度感じられました。
もっと平面的な音かと思ってたので、これは予想外でした。

TA-AV1は、繊細な音の表現は苦手だけど
力強い音で聴かせるってタイプのアンプですかね。
これはこれで、面白いと思います。
でかくて重いけど。

さあ、聴き終わったんで片付けようっと。

真空管式ヘッドホンアンプ [ヘッドホンアンプ]

昨日、KA-10SHの組み立てを依頼しようかなって書いたばっかなのに
今日、なぜかヤフオクで自作の真空管式ヘッドホンアンプに入札しちゃいました。

KA-10SHもいいけど、自作のアンプも捨てがたい。
って事で、今度は落札できるといいなぁ。





やっぱ、KA-10SHかな [ヘッドホンアンプ]

昨日の自作真空管式ヘッドホンアンプの落札失敗が尾を引く形で
真空管アンプ欲しい欲しい病を患ってしまったようです。

なんか、手に入らないと、余計に欲しくなったりするんだよねー!

まあ、手に入らなかったアンプの事はわすれて
ここは、前向きに手に入るアンプでしかも興味のある
KA-10SH購入に、かなり心が傾いてしまってます。

ただ問題があって、KA-10SHって組み立てキットなんです。
一時は、自分で組み立てるつもりでいたんですが
半田ゴテも握ったことない俺には、ちょっと荷が重いようなので
自力組み立てはあきらめて、組み立てや改造を請け負ってくれている
ヤフオクの出品者さんに頼もうかと思ってます。

まあ、どこを改造したら音が良くなるのか
わかってなかったりするんですが
とりあえず、ボリュームは変えたいと思ってます。
あと、ヘッドホン端子はミニプラグから標準プラグに変えて
あとは何を変えればいいんだろう?
電源コードは3Pじゃなくノーマルで充分かなぁ。

本当は、今でも自分で作りたいって気持ちに変わりはないんですが
KA-10SHは部品が立体的に配置されていて
組み立て難易度は高いみたいなので、俺じゃスキル不足(・・・だと思う)
テスターの使い方も分からないし。

ということで
出品者さんにメールを出せばいいのかな?

中国製ヘッドホンアンプ [ヘッドホンアンプ]

個人的に、コストパフォーマンスは抜群じゃないだろうかと思っている
中国製ヘッドホンアンプですが
日本では、あまり取り扱っている業者がありません。

実際、俺がShanling PH-100を買おうとした時は
ebayとヤフオク以外に販売業者が見つからず
ebayは使い方が分からず、ヤフオクは落札失敗で結局買えなかった・・・。

で、ヤフオクでヘッドホンやアンプ、DACなどを眺めて楽しんでいる時に
Shanlingではないのですが
Little Dotの製品を扱っている業者を見つけました。

リトルドットジャパン

Little Dotの日本正規販売代理店との事ですが
値段はかなり良心的じゃないかと感じました。

ebayで289ドルで売っているLittle Dot MKVが36900円
159ドルのLittle Dot MKIIが21900円でした。

俺、ebayのシステムは良くわからないのですが
日本に送ってもらう場合は、追加で送料がかかるんですよね?
送料とか保証とか考えたら、かなり頑張っている値段に感じます。

気になる保証ですが、サイトには
>Little Dot本社(中国・深圳市)より航空便にて直送致します。
>保証・アフターケアも万全です。
とだけしか書いてないので、どういった保証になるのかはよくわかりません。
(メーカーの保証期間内なら、リトルドットジャパンで対応してくれるのかな?)

俺、ずっと海外製のヘッドホンアンプやDACを販売してくれる業者が増えるといいと思っていたので
これからも、こういった代理店がどんどん増えてくれると嬉しい!

ただ、リトルドットジャパンの販売サイトは
独自ドメインではなく、ゼロショップモール利用でした・・・。


CARAT-TOPAZ 3月31日発売! [ヘッドホンアンプ]

やっとCARAT-TOPAZが発表されました。
TOPAZはRUBYの日本専用バージョンで
DACチップのグレードアップなどで
さらに音質に磨きをかけたモデルという位置づけになるかと思います。

発売は3月31日で価格は49800円。
電源も日本用に調整してあるだろうし、DACチップも変更になっているので
RUBYより音質は上がったとは思うのですが
それでも、通販で韓国からRUBY買うのに比べるとずいぶん高いなぁ・・・。
RUBYを2台買ってもまだお釣りがくる!

DAC部はPCM1796からPCM1792に変更になってますが
どの程度違うものなんですかね?


SV-192S [ヘッドホンアンプ]

真空管アンプの事をいろいろと検索して、ちょっと興味深い製品を見つけました。
真空管製品を主に扱っている
ザ・キット屋(サンバレー)オリジナルの真空管式D/Aコンバータ のSV-192Sです。

真空管方式のDAC(ヘッドホン端子付き)なのですが
かなりの人気のようで、昨年発売にもかかわらず
今でも2ヶ月待ちです。

これ、気になった理由というのが
ザ・キット屋「店主のひとりごと」という発売元のブログがあるのですが
そこで、とにかくSV-192Sを褒めまくっているんですよ。

俺、わりと素直な性格なので
発売元が、絶対の自信を持ってここまで褒めているんだから
きっとSV-192Sは素晴らしい製品に違いないとかって思っちゃうし。

また、この日記のなかで
>製品版のSV-192Sが試聴室に来て2ヶ月
>最近(特にこの一週間)で音が随分変わってきました。
>そろそろ皆さんの環境でも「待ってました!」という内向きの倍音感が出るようになってきたのではないでしょうか
>私どもの試聴室もちょっと凄い音になってきました。
などなど、エージングによって
だんだんと音が変わってきた報告など聞かされると、抑えていた物欲が・・・。
しかも、この2ヶ月って所にぐっときます!
買ってから2ヶ月も音の変化を楽しめるんだと。

これ、ずるい。
俺、こんなの読んだら絶対欲しくなる。
つーか、もう欲しい。
せっかく欲しい欲しい病が治ったと思ったのに。

ただ気がかりなのは、店主さんはスピーカーメインで聴いているようで
ヘッドホン使用での感想がないことです。
SV-192Sとヘッドホンの客観的なレビューが欲しいな。

でも、もしかしたらこの方が救世主(人柱?)になってくれるかもです。
ラックの空きスペースの1つはSV-192Sのため!

・・・とかだといいなぁ。

マニア道まっしぐら! [ヘッドホンアンプ]

掲示板で、HA-1AやKA-10SHなどの
真空管式ヘッドホンアンプの話題になったときに
やっぱ、真空管アンプの音も聴いてみたいよな
と、俺も密かに盛り上がってました。

特に、まみそさん絶賛のKA-10SHは
組み立て・改造までうけてくれるヤフオク出品者もいて
もし、真空管アンプを買うなら
この出品者に改造・組み立てまで頼もうって所まで
想像というか妄想が膨らんでました。

だけど、ふと冷静になって考えてみると
現在我が家には、ヘッドホンアンプだけでも5機種あります。
さらに、真空管アンプ追加っていうのもなぁ。

ほんの半年前の自分なら
ヘッドホンアンプだけで5台も持ってるなんて話を聞いたら
えっ、ヘッドホン専用のアンプなんてあるの?
ずいぶん、ニッチマーケットを狙ったマニアックな製品だね。
などと答えてたと思います。
そんなマニアックな製品を5台って、どんだけマニアなんだよ!
とか思いながら。

さらに、真空管方式のヘッドホンアンプを買おうかと思ってるなんて聞いた日には
真空管って・・・。
ヘッドホンを聴くために真空管?
どんだけヘッドホンに人生かけてんだよ。
って絶対に思うよなぁ。

今のように、半導体と真空管では音が違うみたいだし
1台ぐらいは、真空管アンプがあってもいいんじゃないかと思えるって事は
この6ヶ月間で、かなり深い泥沼に足をとられたって事ですかね?

現在のこの状況は
趣味が増えてよかったと喜ぶべきか
えらい底なし沼にはまっちゃったなと思うべきか
どっちかな?

Shanling PH-100 [ヘッドホンアンプ]

中国のオーディオメーカーShanling製のヘッドホンアンプPH-100。

低価格ながら、音はかなり良いみたいで
その抜群のコストパフォーマンスからか
最近2chの低価格ヘッドホンアンプスレでよく話題に上がってます。

PH100はレビューでの評価もかなり高いので
どんな物なのか興味津々で俺の物欲を刺激しまくり状態です。

ただ、購入できるのがebayという海外のサイトしか見つからず
商品検索でPH-100まではいけるのですが
そのあとどうして良いかわからず
画面を見つめながらため息をついて、画面を閉じるという作業をしてました。

前に韓国のGmarketでCARAT-PERIDOTを買おうとしたときと一緒!

PERIDOTの時は、日本版Gmarketに購入代行ショップが出店してたから買えたけど
PH-100はどうやって買ったらいいかなぁ。
やっぱ、ヤフオクに出品されるのを待つのが一番かな。
とか考えながらPH-100で検索してたら
ちょうどいいタイミングでヤフオクの出品が見つかりました!

今までは、検索でみつかっても
”このオークションは終了してます”だったんですが
今回はちゃんと入札でき、しかも即決27800円で代引も可です。

送料、代引手数料を入れると3万ちょいで
ebayから直接買うよりは高くなってしまいますが
俺のように、自分で直接買うスキルのない者にとってはありがたいです。

ヤフオクのおかげで、購入までの高いハードルは、ほぼなくなったのですが
最後のハードル、妻への言い訳が残ってます。
この3ヶ月でヘッドホンアンプ4台とヘッドホン3本買っているので
さらに、黙ってPH-100を買うのがちょっと怖くて・・・。

とりあえず、寝ている妻をおこし許可をもらう事にしたのですが
妻は、ヘッドホンアンプなんか1台あれば充分って考えなので
説得まで、ちょっととまどってしまいました。
寝ているところを起こしたので機嫌も悪かったし。
(俺、仕事が夕方からなので終わる時間には日付が変わってる)

で、ちょっと時間はかかりましたが
やっと「勝手にすれば」と言わせることに成功しました。

職場でも、妻と同年代のご婦人の方々にヘッドホンアンプを買ったという話をすると
アンプなんて1つで充分でしょ!と言われたりします。
「女の人も同じようなバックとかいっぱい買うでしょ、それと一緒」
と、反撃したりするんですが
「バックとアンプは違う!」で話は終わってしまいます。
うん、まあ違うけどね・・・。

で、ヤフオクにログインして落札しようとしたら
このオークションは終了してますの画面に変わってました・・・。
あぁぁぁ。

落札した人、おめでとうございます。

話は変わりますが
ヤフオクで自作のヘッドフォンアンプがわりと出品されていて
どんな音なのか、ちょっと興味がわいてきました。
低価格だけど、真空管をつかったヘッドホンアンプなども出品されてますが
今使っているPERIDOTから変える価値はありますかね?

最近のオンボードサウンド [ヘッドホンアンプ]

俺、ヘッドホンアンプを買うまで
ずっと、パソコンにヘッドホンを直挿しして音楽を聴いていたのですが
最近のオンボードサウンドカード(オンボサウンド)って音いいですねー!

まあ、オンボサウンドって言っても、種類もいろいろあるでしょうし
同じ種類のカードでも、マザーやヘッドホン端子が違えば
音も違ってくると思うので
最近のオンボサウンド全ての音が良いってわけではもちろんないんですが。

俺が今使っているPCのマザーはP45 Neo-Fで
オンボードサウンドはRealtek ALC888ってのが付いてるんですが
これのヘッドホン出力は侮り難いモノがあります。・・・と思う。

前にも書きましたが
俺の耳は、繊細な音の違いとかってよくわからないんですが
それでも、PSPやギガビート、5.1chサラウンドアンプM380で聞くより
PCのヘッドホン端子直挿の方が音が良いのわかります。

初めて、ヘッドホンアンプCARAT-UD1を買ったときは
これを使えば、けっこう音が変わるんじゃないかと期待していたのですが
上に書いたように、PCへのヘッドホン直挿しの音も悪くなかったので
実際には、想像していたより変化は小さいものでした。

もちろんヘッドホンアンプを使った方が
音にメリハリが出て、空間の広がりも音質も上がるのですが
PSPやギガビートの音とPCのヘッドホン端子直挿しの音の差が
PC直挿しとCARAT-UD1を使った時の音の差と同じくらいって感じです。

このところ、CARAT-UD1 AMP800 Prodino CORE-A55と
立て続けにヘッドホンアンプやデジタルアンプを買ってみたけど
やっぱ、アンプよりヘッドホンを変えた時の方が音の変化は断然大きかったですね。

ちなみに、俺は低価格のアンプしか持ってないのでからわからないけど
もしかしたら、高いヘッドホンアンプなら多きな変化があるのかも・・・。

今は5万円以内で買えるUSB接続のヘッドホンアンプ
DR.DAC2やCARAT-PERIDOTに興味があるんですが
ちゃんと価格分の投資効果があるのかどうか、いまいち不安で
あと一歩が踏み出せない状況です。

ヘッドホンアンプ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。