So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY MDR-F1 レビューというか感想 [MDR-F1]

MDR-F1は、ソニーから発売されている開放型のヘッドホン
俺が初めて買った高額ヘッドホンです。

それまでは、ソニーのMDR-XD100というヘッドホンで音楽を聴いていたのですが
もっと良い音で音楽を聴きたくなり
ビクターのHP-RX500を2500円ほどで買いました。

自分としては、かなり奮発して買ったつもりだったのですが
俺の耳との相性が悪く、すぐ耳が痛くなってしまい
今度は、4500円ほどでオーディオテクニカのATH-AD300を買いました。

当時は、5000円近くするヘッドホンは
それこそ清水の舞台から飛び降りるつもりで買ったのを覚えてます。
5000円もするヘッドホンは、一部マニアの為の商品だと本気で信じていた・・・。

で、清水の舞台から飛び降りる覚悟で買ったATH-AD300でも耳が痛くなってしまい
もうヤケになって、着け心地を最優先で選んで買ったのが
ソニーのMDR-F1でした。

5000円のヘッドホンで清水の舞台だったので
2万円近くするMDR-F1は、もう天文学的数字だったのですが
ATH-AD300でも耳が痛くなったショックは大きく
俺の中で変なスイッチが入ってしまっていたようです。

詳しくは↓ここを読んでください。
ヘッドホンにはまったきっかけ

まず、MDR-F1を使った第一印象は
「うわー、着け心地が良いー!」と「えっ、2万円もするのに、こんな音?」でした。

この2つが、初めてMDR-F1で音楽を聴いたときの正直な感想です。

では、MDR-F1の詳しいレビューというか感想でも。

MDR-F1は、開放型ヘッドホンにしては
それほど音に広がり(奥行き)があるタイプではないのですが、独特の音場があります。
パッドの径は大きいので、装着場所を変えやすく
変えると、音もいろいろ変わって面白いです。

音場は、音源によりますが
ヴォーカルと楽器は、頭の真ん中あたりから聞こえてるのに
ある特定の楽器だけが、耳の所から聞こえてくる事があったりします。
低音の横への広がりも感じられます。
ただ、奥行きはありません。

各音域でみていくと
低音は普通に出てると思います。

中音は、なんかこもって聞こえます・・・。
これK701を買うまでは、それほど気にならなかったのですが
K701をメインに使うようになってから、全体的にこもっているように感じ
とくに、ヴォーカルのこもりが気になりだしました。

MDR-F1の形を見ると、音がスカッと抜けそうな感じですが
実際の音はそれほど抜けが良い音って感じじゃないです。

高音もある程度は出ていると思いますが
値段を考えるとどうかなぁ・・・。
どこまでも伸びる高音とかキラキラした透明感のある高音ってタイプではありません。
高音のシャリつきはありません。

あと、気になる所として
ドラムなどの打楽器が、なんかぼやけた音で
スカッと抜けるような音じゃありません。

俺の持っているヘッドホンでF1に値段が近いのは
密閉型のATH-A900なんですが、ドラムなどの打楽器は乾いた音が響き
A900の方が、聴いていて気持ちいいです。

各楽器の分離感も、あまりよくないので
楽器一つ一つの音が独立して一斉に入ってくるって感じではなく
まとまって耳に入ってくる感じです。
これは、聴き疲れしないというメリットもあるのですが
AHT-A900のように、各楽器の音が独立して一斉に耳に入ってきて
「わー、音の洪水だ。気持ち良いー!」というような感じにはなりません。

ただ、ヴォーカルは聴きやすいです。
演奏の音に隠れて聴きづらくなることはありません。
この点はA900よりも上です。

なんか、かなりひどいレビューになってしまいましたが
MDR-F1は、着け心地がいいし
音楽を聴いていて聴き疲れしずらいので
俺はk701の次ぐらいにこのMDR-F1を使ってます。
ATH-A900よりMDR-F1を使っている時間の方が多いです。

MDR-F1は、音を聴くという評価だと
同価格帯のヘッドホンに比べ、評価は低くなると思いますが
音楽を聴くとなると、快適な装着感と聴き疲れしずらい音で
また評価も違ってくると思います。

MDR-F1は、ヘッドホンはこれ1つだけって人には勧めませんが
同クラスのヘッドホンを何個も持っていて
サブで使うっていうのなら悪くないと思います。

でも2万円だせば、個性のあるヘッドホンは色々とあるだろうし
やっぱり積極的には勧めづらいなぁ。

開放型なのに、多少こもって聞こえるってのも気になるし・・・。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。