So-net無料ブログ作成
検索選択
CARAT-UD1 ブログトップ

CARAT-UD1 レビューというか感想 [CARAT-UD1]

StyleaudioのCARAT-UD1は
俺が初めて買ったヘッドホンアンプです。

それまでは、PCのヘッドホン端子にヘッドホンを挿して音楽を聴いていたのですが
ヘッドホンアンプを買えば、もっと良い音で音楽が聴けるんじゃないかと思い
価格的に手ごろだった、CARAT-UD1を9800円で買いました。

CARAT-UD1を使った第一印象は
「音に奥行きが出てる」
「まとまりのある音になった気がする」
「ヘッドホンアンプを使ってもそんなに音が変わらないなぁ」でした。

このUD1が、俺にとっては初めてのヘッドホンアンプだったので
音に対する期待が、もの凄く大きかったので・・・。

その後、ヘッドホンアンプとして使用するため
AMP800とProdino CORE-A55を買ってみて
CARAT-UD1のコストパフォーマンスは、かなり高かったと認識させられました。

1万円で買えるDAC付きヘッドホンアンプですが
わりと、まとまりのいい音を鳴らします。

前に、どこかのサイトで
UD1は低音強調のドンシャリというような感想を読んだ記憶があるのですが
俺は、かまぼこ型のように感じました。
低音も強調してないし、高音もシャリつかないよなぁ。
ちょっと、音がこじんまりとするような感じはするけど。
音のスケール感とかは出ません。

それと、音が多少色付けがされていてるのでモニター用途には向かないかも。
リスニングタイプのヘッドホンアンプだと思います。
俺は、原音を出来るだけ忠実に再生させたときはProdino CORE-A55を使ってます。

で、CARAT-UD1の感想をまとめると

音の縦方向の広がり(奥行き)がある。
音の厚みはそれなりで、まとまりの良い音。
わりと、音に艶がある。
どちらかというと暖かい音だけど、ちょっとゆるく感じるかも。
切れ味はいまいち、スケール感もあまりない。
解像度はそれなり。
音に立体感はあるが、こじんまりとしているので箱庭的音に感じるかも。
入力がUSBだけ。
出力はアナログが2系統+光端子の計3つで低価格アンプにしては充実している。
音量はあまりとれない。
(ヘッドホンは主にK701を使用)

あと上記感想の、音の切れ味とかスケール感とか解像度などは
価格が4倍近くするProdino CORE-A55との比較なので
同価格帯のDAC付きヘッドホンアンプとの比較ではウィークポイントじゃないかも。

CARAT-UD1は、ヘッドホンアンプの入門用としては悪くないと思います。
ただ、アンプよりヘッドホンを変えるほうが、音の変化はかなり大きいです。


タグ:CARAT-UD1
CARAT-UD1 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。