So-net無料ブログ作成
検索選択

audio-technica ATH-A900レビューというか感想 [ATH-A900]

ATH-A900 は、オーディオテクニカの密閉型ヘッドホンで
俺の持っている密閉型ヘッドホンでは、唯一1万円以上する機種です。

これを買ったのは、ちょうどRX500が引き金になった
ヘッドホンスパイラルの真っ只中にいる最中で
ソニーのMDR-F1を買ってみたけど、その音に不満で
とにかく、同価格帯でもっと音のいいヘッドホンがほしいという思いからでした。

詳しい経緯は↓ここに書いてあります。
ヘッドホンにはまったきっかけ

で、ATH-A900の第一印象は
「音の洪水だー!」
「着け心地も悪くない!」でした。

いろんな音が一斉に耳に入ってきて
「こりゃスゲー!」と素直に感動しました。

あと、オーディオテクニカの独自技術ウイングサポートも出来が良くて
俺の頭にも、ぴったりフィットしました。

で、ATH-A900をしばらく使ってみてのレビューというか感想でも。
フラットだけど高音より。
乾いた感じのクールな音を鳴らす。
音は横への広がりは感じられるものの平面的。
ドラムの音の響きは透明感があり気持ち良い。
密閉型にしては、こもりもそれほど気にならない。
密閉型ならではの残響感。
パソコンのヘッドホン端子やポータブルmp3プレーヤーでも音量はとりやすい。
密閉型なので、外の音が気にならず音楽に集中できる。
ある程度の音量で聞いていると電話がなっても気がつかない・・・。
蒸れる。

クールな音と、打楽器の気持ちの良い響きがATH-A900の魅力ですね。
しかも、クールな音だけど決して色気のない音ってわけでもなくて
ヴォーカルは男女共に色っぽく聞こえる事もあります。

気になる点としては

音が平面的でしかも両耳の間(耳の近く)で音が聞こえます。
表現が難しいんですが両耳の間の直線上に音が定位する感じです。
音に縦方向の広がりがないので
ヴォーカルが前に出ずに演奏と重なってしまいます。

あとMDR-F1の着け心地のような、特出した個性がないので
1クラス上のヘッドホンを買うと
あまり、使う機会がなくなってしまうかも・・・。

俺はAKGのK701を買ってから
メインで使うのははk701、サブで使うのがMDR-F1になってしまってます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。