So-net無料ブログ作成
検索選択

AKG K701 レビュー [K701]

K701は、AKGの開放型ヘッドホンです。
これも、MDR-F1やATH-A900と同様に家族には内緒で買いました。

ちょうど、ヘッドホンスパイラルにはまっていた時期で
一ヶ月の間にRX500、ATH-AD300、MDR-F1、ATH-A900と続けざまに
ヘッドホンを買いあさっていたので
さらに、4万もするヘッドホンを買うとは言いづらかった・・・。

で、K701で音楽を聴いた第一印象は
「音の広がり感が凄い!」
「色気のある音がする」
「ちょっと、おとなしいかな」
「こもりのないクリアな音」
「着け心地悪い」
というような感じです。

まず、着け心地なのですが
パッドの径はある程度ありますし深さもあるので
耳が痛くなることはないんですが
皮製のヘッドバンドが硬くて突起があり
30分ほどでヘッドバンドのあたる部分が痛くなりました。

今は、価格コムのクチコミを参考にして
ヘッドバンドの長さを決める部分を紐で固定したので
長時間装着しても平気になりました。
見た目はひどいけど・・・。

k701を買って、オーディオテクニカのウィングサポートってのは
本当に出来がいいってのを再認識しました!

次に音ですが
それまでメインで使っていたATH-A900と比べると
音の広がりは、圧倒的にK701の方が上です。
ヴォーカルの色気は、ATH-A900もわりとあるんですがK701は更にあります。

あと、開放型らしくこもりのないクリアな音で
K701の後にATH-A900を聴くと音がこもって聞こえます。
高音はどちらも綺麗ですが、k701の方がクリアで聴いていて気持ちいいです。

うーん、どちらもヴォーカルに色気があり高音よりのヘッドホンなのですが
K701の方が一枚上です。

特に、音場はK701の圧勝です。
ヴォーカルが前に出るというか、演奏が一歩下がった感じで
立体感のある音を鳴らし、ヴォーカルが演奏に隠れる事なく聴けます。

あと、優しく柔らかい音なので
長い時間聴いていても、あまり疲れません。

ただ、立体感のある繊細な音を鳴らすのですが
ちょっと、こじんまりした感じに聞こえることもあります。
でも、これはヘッドホンアンプのせいかも。
俺、低価格のヘッドホンアンプしか持ってないし。

K701は値段も高かったですが満足度も高いです。
思い切って買ってよかったと思ってます。

話は変わりますがK701を買った時、職場の後輩に
俺、ちょっと高いヘッドホン買っちゃったと話したら
3000円ぐらいですか?と聞かれました。
4万と答えたら、量産品で1万以上するヘッドホンなんてあるんですか?
と驚かれました。

家では次男に
またヘッドホン買ったの?いくらした?
3000円より高い?5000円はしなかったでしょ?
と質問攻めにあってます。
とりあえず、けっこう高かったと答えてます・・・。

俺もつい数ヶ月前までは
ヘッドホンに出せる予算はせいぜい3000円ぐらいだと思っていたし
7000円のヘッドホンなんて、一部のマニアのための超高級品だと思っていたのに
この2ヶ月で急に価値観が変わってしまいました。

次は、低音よりで評価の高いHD650なんかを買おうかと考えてます。
でも、その前に4~5万クラスのヘッドホンアンプかなぁ。
もちろん、家族には内緒で!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。