So-net無料ブログ作成
検索選択
ケーブル・アクセサリー ブログトップ
前の10件 | -

スピーカーケーブル M2.4S M2.2S [ケーブル・アクセサリー]

スピーカーケーブルを交換してみました。

今までは、中高音域はベルデンの5102UEというケーブルを使っていたのですが
ヤフオクで購入したケーブルと交換しました。

もともと、低域側にはM2.2Sというケーブルを使っていたのですが
今回はM2.4Sの方を購入しました。

M2.2Sも太くて硬いケーブルだったんですがM2.4Sは更に硬いです。


ヤフオク2.jpg
ヤフオクでの商品説明ページに掲載されている写真です。
今回はこのケーブルを買いました。

現在は、低域をM2.2S、中高域をM2.4Sにしてますが
5102UEよりこっちの方が好みかも。

M2.2Sが好みだったので、たぶんM.2.4S改も好みだろうと予想してましたが
予想通りでほっとしました。

しばらくはこのケーブルを使っていこうと思います。


ベスタクス Vestax-neo [ケーブル・アクセサリー]

パソコンとDDコンバーターをつないでいるUSBケーブルを
Vestax-neoに変更してみました。

Vestax-neo.jpg
Vestax-neo
小柳出電気商会と ベスタクスとのコラボ製品で
ケーブル部はd+ USB Class Aと同じ物が使われてます。

詳しく書いてないので良くわかりませんが
オヤイデd+ USB Class Aとの違いは、端子部分のメッキだけに見えます。

USBケーブルでの音質変化については
肯定派と否定派に別れているみたいですけど
実際のところ、どうなんでしょうかね。

俺が学生の時に、バイトして買った最初のパソコンには
フロッピーディスクなど付いていなかったので
ラジカセとパソコンを赤白のRCAケーブルをつないで
カセットテープを記憶媒体として、デジタルデータを読み書きしてました。

プログラムを記憶したカセットを再生すると
ピューギュルギュルって感じの再生音がしてました。

ラジカセ&カセットテープなので
記憶された音声を正確に再生および送り出す事ができたとは思えません。
しかもノイズもかなりあったし、なんども再生していると
テープがのびるなど、さまざまな問題がでるのですが
それでもかなりの確率で読み込みは成功してました。

何をいいたいのかというと、経験上デジタルデータは
かなりいい加減でもパソコンは読み込んでいたし
安いラジカセとカセットテープをアナログケーブルでつないだ音質でも
エラーなく読み込めるなら、逆に送り出しの時は
同様に劣化する可能性もあるんじゃないかと思ったり・・・。


というわけで、実売価格で
通常のUSBケーブルの10倍もする
オーディオ用のUSBケーブルVestax-neoを購入しました。

今日届いたので、早速パソコンとDDコンバータ間で使ってます。
気のせいかもしれないけど
わずかに、音場に奥行き&音に深みが出たような気がします。

まあ、一番大事なのはオーディオグレードのUSBケーブルを使っているという満足感なので
その点では、目的を達成できてます!

カルダス クロスリンク [ケーブル・アクセサリー]

キノコ1.jpg
デスクトップ用スピーカーのケーブルにモニターPCのコブラ4Cを使っていたのですが
どうも気持ちのいい音で鳴ってくれません。
俺、スピーカーケーブルの違いは良くわからなかったりするんですが
それでも交換後、いつまでたっても違和感の残るケーブルがあります。

今回のコブラ4Cとかオルトフォン SPK-3100 Silverとか・・・。

ケーブルでは音が変わらないと言う人もいますが
交換後に違和感のあったケーブルは、いつまでたってもその違和感が残るので
俺は、経験上ケーブルでの音質差は出ると思ってます。

ということで、またケーブルを買っちゃいました・・・。

カルダスクロスリンク.jpg
カルダスのクロスリンクというケーブルです。
電線とは思えない値段で、実売価格でも
ホームセンターで売っている通常の電線の20倍程度はします。
それでもカルダスではベーシックグレードらしいですが・・・。

あー、このケーブルは嫌な音がしないや。
満足です。

日立電線のQSX-280もかなり良かったのですが
あれは、太くて重くて硬かったので
クロスリンクの方が使いやすいです。

本当なら、ケーブルにお金をかけるより
アンプをなんとかしたいんですが
光入力のDAC付きコンパクトアンプってデジアンばっかで
選択技がほとんどないような状況です。

どうもデジアンの音は好きになれません・・・・。

HITACHI QSX-280 [ケーブル・アクセサリー]

現在、デスクトップのスピーカーには
日立電線のQSX-280というSPケーブルを使っています。

このケーブル、芯線がとにかく太くて
そのままだと、アンプにもスピーカーにもつけられなかったので
芯線カッターを使い10AWGの太さまで端末の芯線を切って減らし
なんとか取り付けました。
末端処理をしないと、バナナプラグにも入らないぐらい芯線が太かったです・・・・。

QSX-280は芯線だけでなく、ケーブル部分も太く、しかも重くて硬いという三重苦で
ちょっとデスクトップ用のスピーカーケーブルとしては使いづらいと感じていたので
新たに、モニターPCのコブラ4Cというケーブルも入手しました。

このケーブルも、芯線はAWGとわりと太めなのですが
ケーブル自体は柔らかくて軽く非常に扱いやすいケーブルです。

スピーカーケーブルは、今までも何度か変更しましたが
その変化は微少で、スピーカーのセッティング変更に比べたら
無視できる程度の変化だと思っていますので
スピーカーケーブルは取り回しの良い使いやすいものを最短距離で使うのがいいかなと感じてました。

で、モニターPCのCOBRA 4Cを75cmの長さでHDB-80MRに接続したのですが・・・。

えーと
なんか、音がちょっと平べったく感じます。
プラシーボ?

つーか、スピーカーケーブルは短ければ短いほど良いと思っているので
プラシーボなら、最短(75cm)で繋げたこっちの方が良く聴こえていいはずなのに・・・。

個人的に、ケーブルのエージングは無いと考えてますが
耳のエージングは確実にあると思ってますので
昨日からずっと聴き続けてますが、まだ違和感がとれません。

使いづらいけど、QSX-280に戻そうかなぁ。
また電線病が悪化しそう・・・。

オーディオ用自作テーブル完成 [ケーブル・アクセサリー]

うちでは、リビングのパソコンで音楽を聴く事が多いのですが
パソコンモニターやスピーカーを乗せているテーブルは
自宅新築時に購入したダイニング5点セットについてきたテーブルです。

デスクトップ1.jpg
ずっとこのテーブルを使ってますが
こういったテーブルは軽量化やコスト削減のため
天板の中が空洞になったりしてます。

食事をするなら、別に天板の中が空洞でも気になりませんが
スピーカースタンドとして考えると気になりまくります。
これ、テーブルの天板が変えて
しかも、足と天板をボンドでガッチリ固定すると
ガラッと音が変わる可能性があります。

部屋、床、スピーカーの3つは、変えたときに音の変化がやっぱ大きいです。
ケーブルとか交換して、ちょっとの音の変化に一喜一憂していて
すっかり、こっちの交換は遅くなってしまいました。

でも、やっと重い腰をあげて
今週の日曜日にパイン材を購入し、天板を交換することにしました。
テーブルの足は、このまま利用します。
ちょっと細めですが通常の角材を使っているし、天板だけなら手軽だし!

自作テーブル1.jpg
水性ニスはべたつくので、今回はニスではなくパイン材に化粧ベニヤ板を貼り付けました。
油性のニスは上手く塗れる自信ないです・・・。

自作テーブル2.jpg
裏面には、細くカットした合板やパイン材を貼り付けて補強しました。

テーブル1.jpg
いままで使っていたテーブルです。
ダイニングテーブルとして、パソコンディスクとして、スピーカースタンドとして
17年間大活躍してくれました。


天板は14箇所のネジで止まっているだけなので
ネジを全部ゆるめて、天板をはずします。

えーと・・・。

この天板、中が空洞にしてはちょっと重いです。
ずっしりくる。

テーブル2.jpg
ちょっと嫌な予感がして、はずした天板にドリルで穴をあけてみました。
中、空洞じゃないです・・・。
ぎっしり中までつまってます!
材質はなんだろう。
板厚20mmの立派な板でした。
同じ板厚の合板よりは軽いけど
パイン材よりは密度があるような気がする。

ああ・・・

これなら、天板交換する必要なかったなぁ。
下手したら、音が悪くなっちゃう・・・。
てっきり薄い合板に塩化ビニールで中は空洞だと思っていたのに
実際は20mm厚の板で、しかも塗装でした。

もうテンション下がりまくりです。

でもまあ、ここまでやっちゃったんだから
もう後戻りはできません。

テーブル3.jpg
テーブルの足はそのままつかうんですが
天板をはずして確認してみると、精度が全然でてませんでした。
場所によっては3mm以上ずれてる・・・。

ズレのヒドイ箇所はドリルでネジ穴をあけなおしてズレを修正しました。
この予定外の作業に1時間以上かかちゃった・・・。


テーブル4.jpg
ズレを修正したら、ボンドとネジでガッチリ固定します。


テーブル5.jpg
ボンドが乾いたら完成です。
朝の8時から、夕方までかかりました。


テーブル6.jpg
で、完成したテーブルにモニターやスピーカーをセッティングして緊張の音出しです。
この音だしの瞬間は、至福のひと時です。
次の瞬間にがっかりしちゃうことも多々ありますけど・・・。

新しいテーブルは音が響きます。
パイン材の特徴なのかなぁ。
マウスに乗せている手に、いつも以上に音の振動が伝わってくる。
前の天板の方が、振動は少なかったです。

天板全体が響いてるせいか、音がちょっと濁ります。
前の方がクリアでした。
うーん・・・
なんかベールを3~4枚かぶせたような感じになってしまいました。
当初は、いっきにベールを30枚ぐらい引き剥がす予定だったんだけどなぁ。

まあ、自作には
「ボンドが乾けば・・・」という魔法の言葉があるから。
でも、実際にボンドが乾いてくると音も変化します。

前にパイン材でスピーカースタンドを作ったときも
1ヶ月はぐらいは、イマイチだった記憶があります。

今回はネジだけじゃなく、ボンドも使ってガッチリ足と天板を固定したので
最終的には、前のテーブルより良くなると思うんだけどなぁ・・・。

オーディオ用と名が付くと値段は一気に跳ね上がりますよね。 [ケーブル・アクセサリー]

自作テーブル製作を、ちょこちょこ進めてます。
今日は天板の剛性確保のため、天板の裏面に合板とかパイン材をはりつけました。

自作テーブル2.jpg
横方向に3本、縦方向に2本で合計4本の補強材をはりつけてみました。
油性ニスは上手く塗れる自信がなかったので
ベニヤの化粧版を貼り付けてしまいましたが、今ちょっと後悔してます。

下手でも自分で塗ればよかった・・・。

とりあえず、このペースなら予定通り週末に完成できそうです。

話はかわりますが、黒モグラ基板アンプ用に電源ケーブルを購入しました。
いままでは、とりあえずということで
パソコンについてきたコードとか家にあった物などを使いまわしていたのですが
極性表示がないので不便でした。

3Pコンセントなら極性で悩むことがないので
安い3Pコンセントを4本購入することにしました。

で、いつものようにヤフオクを覗いてみたのですが
電源ケーブルのカテゴリで出品されてるケーブルはみんな高いです。
オーディオ用のメーカー品や自作品など、ほとんどが5桁の値段ついてるし
パソコンについてくるような感じの普通の3Pケーブルでも2500円とかします。
安いのが全然ない・・・。

通常の3Pコンセントなら、新品でも1000円ぐらいで買えるよなと思いながら
カテゴリを確認してみると、オーディオ機器→音響用ケーブルのカテゴリでした。

パソコン用のカテゴリで検索してみたら
すぐに安いケーブルが沢山みつかりました。


電源ケーブル3.jpg
3Pコンセント5本セットで即決価格800円というのがあったので
速攻で購入しました。

電源コード5.jpg
3P→2P変換プラグもついてこの値段でした。
オーディオのカテゴリの電源ケーブルを見たあとだったので
即決価格を見て、あまりの安さに「えっ」と思うケーブルが沢山ありました。

オーディオ用って名前がつくといっきに高くなりますよね。
スパイク受けとかインシュレーターとか。
あれって、ほとんどが開発費じゃないかと思う値段がついてます。
大量に売れれば値段もさがるんだろうけど・・・。

ちなみに、モグラは4台あるので4つ口の電源タップを利用してます。

オーディオ用自作テーブル [ケーブル・アクセサリー]

うちでは、リビングにあるパソコン用テーブルにスピーカーを設置して
ニアフィールドで音楽を聞いています。


デスクトップ1.jpg
テーブルはダイニング5点セットに付いていた食事用テーブルをそのまま利用してます。
一応、気休め程度にスピーカー用のアンダーボードなどを敷いたりしてますが
ずっと前から、ちゃんとしたテーブルを作らなくちゃなとは思ってました。
やっぱ、スピーカーを設置する床部分は大事です!
ダイニングテーブルは軽くするため、天板の中は空洞みたいだし・・・。

で、やっと重い腰をあげました。

18mm厚のパイン材が安く売っていたので
1200×750mmにカットしてもらってい、これを天板にしてテーブルを作ります。
油性ニス塗りは面倒なので、パイン材に化粧合板をボンドで貼り付けることにしました。
足は、いままで使っていたテーブルの足の部分の角材を利用します。

自作テーブル1.jpg
とりあえず、パイン材と化粧合板を張り合わせてます。
仕事の合間にちょこちょこ作って、週末ぐらいに完成するといいなと思ってます。

たぶん、テーブルがガッチリすると
ケーブルかえるよりも変化は大きいはず!
もしかしたらアンプより効果あるかも・・・。

エソテリックMG-10の足回り [ケーブル・アクセサリー]

うちのMG-10は、結構いい加減なセッティングなんですけど
それでも、かなり良い音で鳴ってます。

最近は、アンプを変えたりケーブルを交換して遊んでるんですけど
たぶん、一番効果的なのは足回りの変更だと思います。

mg-10 インシュ1.jpg
現在は、自作の砂入りアンダーボードの上に
コンクリ(モルタル)ブロックとオーディオテクニカのインシュレーターです。

MG-10は高さがあるので、今まで使っていたスピーカースタンドに乗せちゃうと
耳とユニットの高さがあいません。


mg-10 インシュ2.jpg
コンクリ(モルタル)ブロックは高さあわせに使ってます。
角材のブロックも試してみましたが、コンクリブロックの方が良かったので
足回りは硬いほうがあうのかなとも思ってます。
今、このブロックを大理石にしようか検討中です。

MG-10のウーハー及びツイーターはマグネシウム振動版を使っているので
ある程度パワーのあるアンプで鳴らしたほうが良いんですかね?
デジアンにつないでみたら、けっこう良かったです。

sa1.0+sa2.0のダイレクトモード(15W)でも、それなりに満足していたのですが
ヤフオクで黒モグラの基板を使ったアンプが安く出品されていたので
つい、魔が差して落札してしまいました。


デジアンは、今回の購入で3回目になるんですが
音の立体感というかタメというか厚みというか
そういうもの表現が苦手なような気がします。

とくに能率のいいスピーカーだと、あまりメリットがないような・・・。

ただ、小さくてもパワーがでるので
スピーカーをガンガン鳴らすのには向いてると思います。
しかも安いし!
黒モグラ基板が、かなり安く入手できるみたいで
その基板を使った完成アンプも、安く入手できました。
1台1万円未満で手にはいったので、4台購入してバイアンプで使ってます。

現在、ソウルノートsa1.0+黒モグラ基板アンプ×4で鳴らしてますが
sa1.0+モグラ4台は、sa1.0+sa2.0のような濃厚な音ではないですけど
切れ味鋭くMG-10をガンガン鳴らしてくれます!



MOGAMI NEGLEX 2803 その後 [ケーブル・アクセサリー]

ピンケーブルをモガミの2803に交換してから1週間ほどたちました。


モガミ2803.jpg

相変わらず、世界最高の解像度とはどういうものかわかりませんが
同じモガミの2497と比べ、より贅肉をそぎ落としたような音になりました。
音場は、より前後方向が広がったように感じます。

これって、もしかしたらすごく良いケーブルかも。

現在はパワーアンプとプリアンプの接続に使っているのですが
とりあえず、もう一組入手して
DACとプリアンプ間でも使ってみたいという衝動にかられてます。

MOGAMI NEGLEX 2803 [ケーブル・アクセサリー]

オーディオケーブル市場さん製作の
モガミ2803のRCAケーブルをヤフオクにて入手しました。


モガミ2803.jpg
純正品はモールド処理になってるのですが
オーディオケーブル市場さんの製品は通常処理になります。

メーカーのモガミさんが、わざわざモールド処理をするぐらいなので
きっと、モールド処理してあるほうが音質的には有利なんでしょうけど
コストはいきなり2倍に跳ね上がります。

モールド処理と通常処理でどの程度違いがでるのかわからないですが
とりあえず、通常処理のものを入手してみました。

なんでも2803は世界最高の解像度らしいです!
でも俺、音の解像度がどういったものかよくわかってないです・・・。

2803は、プリアンプとパワーアンプの接続につかってみました。
このケーブル、断線しやすいみたいなので
接続時には気を使いました。

お気に入りの2497の上のグレードとの事で
ブラシーボ効果も上乗せされ、音を出した瞬間は
おー、さすが世界一の解像度!とかって思いながら聴いてました。

なんとなく、音がスッキリしたような気がします。
モガミ2497の方が濃い音がでるような。

ちなみに、アンプにはソウルノートのsa1.0とsa2.0を使ってます。
sa1.0だけのときは、スッキリした音なのですが
sa2.0を追加すると、一気に音の密度や濃度が濃くなります。
2803にしたら、ちょっとスッキリしたような感じになりましたが
その分、音場が奥まで広がったような気がする。

ケーブル交換での音の変化なんて微々たるもので
コストパフォーマンスは、果てしなく悪いとわかってはいるのですが
ついついケーブルを買いたくなってしまいます。



前の10件 | - ケーブル・アクセサリー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。