So-net無料ブログ作成
検索選択
ケーブル・アクセサリー ブログトップ
前の10件 | 次の10件

モガミ 2497 [ケーブル・アクセサリー]

RCAケーブルを、またモガミ2497に戻しました。
やっぱ、このケーブルが一番好き!

つい、ケーブルを変えて遊びたくなり買ってしまうんですが
結局はモガミの2497に戻してしまうんで、使わないケーブルばっか増えてます・・・。

今回、物欲センサーが反応して買っちゃったのが
SHARK WIRE 純銀サーキットケーブルとTMC White Labelです。


純銀サーキットケーブル.jpg
SHARK WIRE 純銀サーキットケーブル
純銀ケーブルを一度体験したいと思い、いつものようにヤフオクで落札しました。
音はクリアでスッキリ系。
でも、ちょっとエネルギー感が不足しているように思え物足りなく感じました。



TMC White Label RCA .jpg
TMC White Label
これ、単線ケーブルですかね?
とにかく硬いです!
弾力もあって、曲げると戻ろうとします。
このケーブル、めちゃくちゃ硬いので
機器の後ろにある程度スペースがないと付けられません。
音はストレートに響いてきて、わりと好みでした。


モガミ2497.jpg
モガミ2497
レンジはちょっと狭いように感じるんですけど
独特の濃さとエネルギー感があって気に入ってます。
プリメインアンプ、パワーアンプ、ヘッドホンアンプと
全てのアンプのRCAケーブルを2497にしてます。

もうね、うちのRCAケーブルはNEGLEX2497だけで充分だと思うんですよ。
でも、たぶんまたケーブルを買っちゃって
使わないケーブルがいっぱいになる予感がします。
まあオーディオを趣味にしてるなら、それもしょうがないよね!

ONKYO ND-S1+iPod classic 160GB [ケーブル・アクセサリー]

オンキョーのND-S1を購入したので、今更ですがiPod classicも買って
ND-S1+iPodをトラポとして使用してみました。

nd-s1(2).JPG
ND-S1+iPodclassic

えーと、ND-S1のリモコンは使いづらいです!
他のipodの場合はどうかわかりませんが
iPod classicの場合は、ほとんど使い物にならないと言っていいと思います。
メニューボタンにもクリックホイールにも対応してないし・・・。

で、音楽を流して最初に感じたのはS/N比の高さです。
あと、音場の見通しもいいです。
ただ、音に厚みがなくてペラペラ・・・。

ipodを買いに行ったときに、3Dテレビも見てきたんですが
その時に、デモでサッカー中継が流れてました。
フィールドはちゃんと3Dになっていて広がりを感じるんだけど
選手は従来のテレビと一緒で平面的で
3Dフィールドに、ペラペラの人間がいるようで違和感を覚えました。

ND-S1+iPodを使ったときの音も、音場は前後に広がるのですが
音に厚みがなくて、3Dテレビのデモをちょっと思い出しました。

うちのシステムと俺の好みだと
ND-S1+iPodは合わないみたいです。
また無駄な買い物しちゃった。

なんか、ND-S1+iPodで音質向上にならなかった不満(怒り?)からか
おもわず、衝動的にsa2.0を注文しちゃいました。

まあ、sa2.0は昨年sa1.0を購入したときから、いつかは買おうと思ってましたけど。
もちろん妻には言ってません。

iPod classic 160GB [ケーブル・アクセサリー]

パソコン用のDDコンバータとしてONKYOのND-S1を購入したのですが
これが本領を発揮するのはipodをつないだ時のようなので
ずっとipodの事が気になってました。

ネットのレビューを読む限りだと
ND-S1+ipodで、かなりの音質になるらしいです。

ND-S1はipodから、ダイレクトにデジタル信号を取り出すみたいなのですが
ipodの機種によっても音が違ってくるという書き込みなどもありました。

うーん。
普通に考えてデジタルデータを取り出すだけなら
ipodはどれを使っても一緒のような気もするけど・・・。
まあ、使ってる人が違うって言ってるんだからたぶん違うんでしょ。


nd-s1(2).JPG
購入したiPodは、classic 160GBです。

とりあえず、ipodに直接k701をつなげて聴いてみたんですが
音量を最大にしても、ちょっと足りないです。
音質的にも、うーんって感じ・・・。
ipodにもエージングってあるのかなぁ。
まあ、ipodのヘッドホン出力はどうでもいいので気にならないけど。

で、肝心のND-S1+ipod classicでの音質ですが
Wave File Playerと改造SE-200PCIを使っていた時とくらべ
現段階では、それほどよくなったとは感じませんでした。
エージングで変わってくれればいいけど・・・。

うーん。
期待感が高すぎたのかなぁ。
それともWave File Playerがすごいのかなぁ。

ONKYO ND-S1 [ケーブル・アクセサリー]

相変わらず、SE-200PCI(改)を認識しない状態が続いてます。
パソコンに問題があるのか、SE-200PCI(改)に問題があるのかはっきりさせるために
サブPCにSE-200PCI(改)を挿してみました。
やはり、認識しません。

あぁ、SE-200PCI(改)がいかれちゃったんだ・・・。

仕方がないので、とりあえずND-S1を購入しました。
nd-s1.jpg
これ、iPodからデジタル信号を取り出して
デジタル信号のままDACなどに送り出す製品みたいですが
USB入力も付いているので、パソコンにつなげばDDコンバータにもなります。
値段は安いけど、水晶クロックとか付いているみたいだし、ちょっと期待してます。

別にCARAT-PERIDOTの出力でも不満はないのですが
せっかくSV-192SとへうたむさんDACがあるのに、使わないのももったいないから。

今日届いたので
同軸出力をへうたむさんDACへ、光出力をSV-192Sへとそれぞれつなぎました。

うーん・・・。
SE-200PCIの光出力と比べて、これの光出力で音が良くなったって感じはしないです。
まあ、変換さえ出来ればいいと思っていたので不満はないですけど。

しかし、PERIDOTのコストパフォーマンスってすごいなぁ
と改めて思いました・・・。

ハイブリッドインシュレーター AT6099 [ケーブル・アクセサリー]

audio-technicaのハイブリッドインシュレーター AT6099を買っちゃいました。

今までは、自作のハイブリッド(?)インシュレーターを使っていたんですけど
まあ、メーカー製のインシュの方が良いだろうと思って。



袴.JPG
ナットのあいだに薄いゴム板を貼り付けた自作インシュレーター。
一応、鋳鉄とゴムのハイブリッド構造。
これ、フルレンジスピーカーに使うと音がスッキリしすぎちゃってイマイチだったんですが
QUADの12L2に使ってみたら、なかなかでした。


at6099.jpg
こちらは、オーディオテクニカのAT6099。
ハネナイト/真鍮/ハネナイト/ソルボセインの4層構造みたいです。
商品説明には
"確な定位と伸びる高域、厚みのある低域を実現"
と書いてあります。
たしか、きゃーるさんが最近購入したインシュレーターもこれだったはず。
アマゾンで安く売っていたので、ためしに買ってみました。

インシュレーターって結構効果があって、もしインシュレーターを使ってないのなら
10円玉やホームセンターで売っている1個30円ぐらいのナットを
スピーカーの下に敷くだけでも、わりと音の変化が楽しめます。
試したことはないけど
たぶんそこらへんに落ちている、平べったい石ころでもインシュレーターになるはず!

ケーブル変えるより安上がりで効果的!
・・・と個人的には思っているんですが
昨日もまたヤフオクでスピーカーケーブルを落札しちゃいました。
ちょっと高目のやつ。
ケーブル変えても、たいして音なんか変わらないって思ってるのに・・・。

なんか、ケーブルの方が夢があるというか
もしかしたら、音が激変するんじゃないかという幻想を
インシュレーターよりも、いだきやすいというか。

ちなみに、音が激変するのはスピーカーを変えた時が一番で
ケーブル類での激変は未だに経験したことありません。

話を戻して、AT6099と自作インシュレーターの比較ですが
説明に書いてあった定位は、自作インシュレーターと比べ
それほど優れてるとは思いませんでした。
高域の伸びはどうだろう。
これも、あんまり変わらないかなぁ。

ボーカルはAT6099の方が生々しいというか
躍動感があるというか、音の表情が豊かになったように感じます。
あと、音の奥行きも、こちらの方が出ているように思います。

でも、自作インシュと比べ音がゴチャゴチャしたような印象も。
うーん・・・。
ボーカルと奥行きはこのままで、音がもうちょっとスッキリしてくれたらなぁ。

そうだ、AT6099のゴムの部分がスピーカーにくっつきます。
スピーカーを持ち上げたら、インシュレーターもそのままくっついてきました。
吸盤がついてるの?ってぐらい強めにくっついていてびっくり!

これ、スピーカーとより密着させるために
わざとくっつくようにしてるんですかね?

ちなみに、今回のインシュレーター(&スピーカーケーブル)購入は
現在の音に不満があるとか、そういうわけでは全くなくて
ただ単に、音の変化を体験したかったからという理由だったりします。

音にほとんど不満がないのに
1万もするケーブルを買ったり、10万もするアンプを買おうとしたりするので
妻からは、"馬鹿じゃないの?"というような意味の言葉を
オブラートに包まずストレートに浴びせかけられたりします・・・。
でも、いくら文句言われてもまた買っちゃうんだろうなぁ。

だって、もうオーディオ地獄に片足をつっこんじゃってるし!

スピーカーケーブルのエージングってあるの? [ケーブル・アクセサリー]

懲りずに、またスピーカーケーブルを買っちゃいました。

オーディオにおいて、ケーブル類は投資効果が低いと常々思っているんですが
手軽なので、ついつい買いたくなっちゃう・・・。
値段も手頃で衝動買いしやすいってのもあるし。

絶対にインシュレーターを今のナットからちゃんとしたやつに変えたほうが
音の変化は大きいってわかってるんだけど
なぜか、ケーブルが欲しくなっちゃう。

今回も、いつものようにヤフオクで購入したのですが
高額ケーブルなどは、偽者も多いって事なので、気をつける必要がありそうです。


カスタムケーブル1.jpg
ヤフオクで今回落札したケーブルの商品説明に載っていた画像です。
末端はバナナプラグで加工してあります。


カスタムケーブル2.jpg
こちらも、商品説明に載っていた画像。
99.999とケーブルに書いてあるので、5N銅線を使ったケーブルなのかな。

実際に届いたケーブルは、想像していたより太くてびっくりしました。
キャプタイヤ並みの太さ。
これにメッシュタイプのチューブをかぶせたらカッコ良さそう!

見た目的には、細い線より太い線の方が音も良さそうな気がするんですが
実際に音質とケーブルの太さは比例しないからなぁ。

ケーブルでの音質変化は、否定派と肯定派がいるようですが
俺は肯定派です。
ケーブル変えると、やっぱちょっと音がかわります。

今回はオルトフォンの3100からこの5Nケーブルに変えました。

かなり格安で入手したので、あんまり期待してなかったんですが
満足度は、結構高いかも。
末端処理がしてあるケーブルって、それだけで音が良さそうな気がするし。

で、オルトフォンのSPK-3100 Silverとくらべて
こちらの方が、音の分離は良いです。
でも、ちょっとゴチャゴチャしていてやかましいかも。
SPK-3100の方が、角が丸くて聞きやすいような感じです。
5Nの方はHiFi調。

まだ、届いてから1時間ぐらいしか使ってないのですが
今のところは満足してます。

ところで、ケーブのエージングって本当にあるんですかね?
それって、耳のエージングじゃないのって突っ込みたくもなりますが
使っているうちに音が変化するってのは夢があるので
ケーブルのエージングもあると思う事にします・・・・。


12L2用自作スタンド [ケーブル・アクセサリー]

QUADの12L2用にスタンドを自作しました。

デスクトップスピーカーのようにニアフィールドで聴く環境だと
耳とスピーカーの高さを調整することは大切です。
その点、自作ならきっちりと高さをあわせられます。


スタンド0-1.JPG
いつものように、足の部分は桧の角材で
天板と底板は18mmのバイン材で作りました。
前回のスタンド製作のために購入した
バイン材のサブロク板がまだたっぷり残っていたので
材料費は角材とカット料のみですみました。
自作だと安上がり!


スタンド0-2.JPG
セッティングはこんな感じです。
高さはきっちりあいましたが
相変わらず、後ろの壁からは30cm程度しか間隔があけられません・・・。

天板は12L2の大きさにあわせて作ったのですが
12L2は、スピーカーより一回り小さい袴をはいているので
天板はこの袴の大きさにあわせたほうが
見た目も音質的にもよかったかも・・・。


袴.JPG
スピーカーの下の袴。

インシュレーターは、ナットと薄いゴム板でつくった自作品です。
12L2には、ゴム製の足もついているんですが
うちでは、壁の近くにしか設置できないので
そのままだと、低音が悪さします。

インシュレーターを利用して、ちょっとスタンドの天板と距離を作ったほうが
低音がスッキリして好みです。

あとは、スタンドの乾燥を待ってニスを塗れば完成です。
どうも、ニスを塗らないと自分で作ったって気がしなくて!



スピーカースタンド塗装 [ケーブル・アクセサリー]

先週製作したスピーカースタンドの音が、やっと落ち着いてきたので
ニスで塗装をしてみました。

スタンド01.JPG
ニスを3回塗った状態のスタンド。
いつものように、ダイソーの100円のニスを使用しました。


スタンド05.JPG
天板にニスを3回塗り、400番のペーパーをかけた状態。
この後、もう一回ニスを塗り最後はクリアニスで仕上げる予定です。

なんか、いつまでたっても塗装が上手くならないんですが
それでも、自分で塗装すると達成感があります!


自作スピーカースタンド [ケーブル・アクセサリー]

1組目のスピーカースタンドが完成しました。


スタンド6.JPG
自作のクランプを使って接着しているところです。
今回のスタンドは、75mmX75mmの桧角材と18mm厚のパイン材を使いました。
ネジなどは使わず、ボンドのみでの接着です。


スタンド7.JPG
組み立て完了。
あとは塗装するだけです。
いつものようにダイソーの100円ニスで塗る予定でいます。
スタンド自体は、角材とパイン材をボンドで接着するだけなので
材料さえあればすぐ出来ます。

スタンドは高さ40cmの物と45cmの物を作る予定で、これは40cmの方です。
40cmの方はデスクトップ用で45cmの方はサイドボード上に置く予定。


スタンド8.JPG
スピーカーを置くとこんな感じです。
スピーカーが軽いので、足の部分は75mmX75mmの角材にしましたが
ガッチリ感をだすのに90mmX90mmでも良かったかなと、今頃になって思ってます・・・。
40cmって思っていた以上に高く感じる!


スタンド9.JPG
こちらは、現在使っている高さ30cmのスピーカースタンド。
とりあえずスタンドの必要性に迫られ
家にあった12mm厚の合板をノコギリで切り
足の部分は、SPF材をホームセンターでカットしてもらいました。

今回のスタンド製作では、2ペア分の材料費で約4000円ほどかかりました。
前に作ったスタンドは、SPF材と家にあった合板でつくったので
たしかペアで500円ぐらいだったと思います。
前回の4倍ほど材料費がかかりましたが
パイン材が大量に余っているので、次は角材さえ買えば
また高さの違うスタンドを作ることも出来ます。

たぶん、もう作らないけど・・・。

今回スタンドを作ったのは
デスクトップスピーカーの音質向上が目的です。

うちの場合は、なぜかサイドボード上に置くと音が良いのに
パソコン用テーブルに移動すると、とたんに音が悪くなります。
ほんと、設置場所をちょっと移動させただけで
なんで同じ部屋なのに、こんなに音が変わるのかとびっくりするぐらい音が変化します。

HDB-80MRもヒカリ工芸箱SA/F80AMGも
サイドボードの上では生き生きと鳴っているのに
パソコン用テーブルの上にもってくると、とたんにやる気のない音に変わります。

で、早速スタンドをパソコンデスクに設置して
音を鳴らしてみたのですが・・・。

うーん。

ちょっとはマシになってるのかなぁ。
たいして変化していないような気が・・・。
っていうか、微妙に前のやつの方が良かったような・・・。

まあ、自作品にはボンドの乾燥という魔法の言葉があるので
今回もボンドの乾燥を待つことにします。
そのうち、耳がなれて良い音に感じるようになる予定!

でも、依然としてサイドボード上で鳴らしたときとは
全く別物の鳴り方をします。
これは、耳がなれるとかブラシーボとかってレベルではなく
俺でもはっきりとわかります・・・。

スタンドは、期待していたほどの効果は得られませんでしたが
桧って良い匂いがするので、落ち込んだ気持ちもちょっとだけ香りで癒されました。

自作スピーカースタンド [ケーブル・アクセサリー]

現在、SA/F80AMGバスレフ用スピーカースタンドを製作中です。

作るきっかけになったのは、近所のホームセンターで
900mmX90mmX4mの杉角材と18mmのパイン材サブロク板が安く売っていたから。

今週は、今日・明日と連休なので
この休みを利用して、スピーカースタンドを作ろうと思い
ホームセンターに材料となる角材とパイン材を買いに行きました。

早起きして、意気揚々と出かけていったのですが
ホームセンターでカットの確認をすると、板厚50mm以上のカットは出来ないとの事で
90mmX90mmの角材はカットは出来ないと言われました・・・。

4mの角材とか、カット無しで売れるのかな?
と思いながら、他にスタンドの足にりそうな物を探していたんですが
普通に売れてました。

で、角材の替わりにスタンドの足にできそうな物を探したんですが
どうもいい材料がみつからず、スタンドの計画自体が挫折しそうになりました。

仕方がないので、ちょっと離れている別のホームセンターに行ってみる事にしました。
遠いし、国道を渡るのに時間がかかるしで、普段はあまり行かないのですが
近場では、スタンドの足が手に入らないので。

こちらのホームセンターでは、板厚120mmまでの角材ならカット出来るとの事で
スタンドの足は、こちらで入手することにしました。
角材の種類は、近くのホームセンターより多い!
でも、値段はちょっと高め・・・。

杉角材や松角材、桧の角材など
多種の角材を扱っていたので、色々と物色していたのですが
桧の角材が、なんか硬くてで良さそうな感じでした。

たたいた時の音や感触が良く、俺の第六感がこれにしろっていうので
75mmX75mmの桧角材に決めました。
2mで890円。
カットは40cmを2本と45cmを2本で頼みました。
スタンドは、高さを変えて2組作る予定なので。
カット料金は1カット50円で200円でした。

スタンドの足が手に入ったので
こんどは、パイン材を手に入れるため、また近所のホームセンターに戻りました。
板厚18mmのパイン材サブロク板が2980円で売っているので!

このパイン材は天板と底板にするので、精度は程々で問題ないので
横幅の寸法できってもらって、あとは家でマルノコを使い自分で切ります。
サブロク板は、そのままでは車に積めないし。
200mmと250mm(と残り)のみのカットだったので
カット代は2カット100円ですみました。
横幅は天板200mm、底板250mmで作る予定です。

今回の材料費は約4000円でした。
スタンド2組分の値段だと考えると、ちょっと高い気もしますが
パイン材が大量にあまっているので、次は角材を買うだけでスタンドが作れます。

現在は、1つ目のスタンドの接着中です。
寝る前に、もう1こも接着しようと思っているので
明日の朝には1組目のスタンドが完成している予定です。


前の10件 | 次の10件 ケーブル・アクセサリー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。